1月30日ごろから、大量のTwitterスパムが広まっている。著名人を含む多くのユーザーがだまされ、強制的に恥ずかしい内容のスパムツイートをさせられたり、あるアカウントを強制的にフォローさせられるなどの被害が出ている。自分の信用を落とすことにもつながりかねないため、十分に注意したい。

画像に見せかけて詐欺アプリを連携させるTwitterスパム

 「Mステでおっpいポロリ放送事故」「ドラえもん打ち切り決定」など、刺激的な内容のスパムツイートが大量に出回っている。1月下旬から流れ始め、2月1日~2日にかけてフォロアー数の多い著名人や有名サイトの公式アカウントがだまされたことで、大きく拡散してしまった。2月3日16時現在、約3万5千人が被害に遭っているようだ。

出回っているTwitterスパムの例。クリックしたくなる画像のURLでだます方法で、実際は不正アプリへの誘導口となっている
[画像のクリックで拡大表示]

 このスパムにだまされると、以下のような被害に遭う。

(1) 自分のTwitterアカウントで、強制的に「おっpいポロリ放送事故」などのスパムツイートを発信させられる
→スパムを拡散させるための恥ずかしいツイートを、自らしてしまうことになる
(2) 強制的に3つのアカウントをフォローさせられる
→「思わず保存した画像」「画像大喜利 IPPON」「6秒ワロス動画」の3つのアカウントを強制的にフォローする仕掛け
不正アプリを認証すると、この3つのアカウントに強制フォローさせられる。犯人がフォロワー数アップのために仕掛けていると思われる
[画像のクリックで拡大表示]
(3) 「2ちゃん芸能まとめサイト」を強制表示
→単純に、このWebサイトのページビューを上げるための仕掛けのようだ(現時点でウイルス感染などの被害は確認できていない)

 この他に、同じ手法を使ったスパムが大量に出回っている。筆者が確認できているのは以下の通り。いずれも、1月20日ごろから散見されているもので、ツイートの形式はほぼ同じだ(詳しくは後述)。これらの文面を見たら、まずスパムだと疑おう。

●「Mステでおっpいポロリ」
●「ドラえもん打ち切り決定」
●「この問題、意味分かった時ゾッとする…本当の意味恐ろしすぎる」
●「【難問】この問題が解けたら…おまえらすごすぎる」
●「分かったらRT【パスワードは○○○○】」
●「AKB○○○○(18歳)が飲酒疑惑」

 恥ずかしいツイートをさせられたうえに、スパム拡散の手伝いまでさせられてしまうという、ユーザーの信用を失いかねない危険性をはらんでいる。被害に遭った人数は、強制フォローさせられるアカウントの状況を見れば、大まかに推定できる。被害に遭うと強制フォローさせる3つのアカウントのフォロワー数は、2月3日16時現在でそれぞれ3万3千人から3万5千人前後。大まかにいって「3万5千人がだまされた」と考えてよいだろう。

 ちなみに、前日の2月2日15時の調査では、強制フォローさせられる各アカウントのフォロワーは2万5千程度だった。それが、翌日の2月3日16時には、それぞれ3万5千前後まで急増している。つまり、スパムにだまされた人が約24時間で1万人も増えたことになる。各アカウントの開設日は、2014年1月26日~30日とごく最近で、非常に速いスピードで拡散していることがうかがえる。