最近、繁華街などで馬肉料理店の看板を見かけたり、居酒屋などで馬肉メニューを目にしたりすることが多い。日本馬肉協会によると、2011年以降に馬肉料理店が増え、馬肉の取扱量も急増しているという。また馬肉生産業者「千興ファーム」(熊本県御船町)によると、馬肉の取扱店舗数はこの2~3年で3~5倍になっているとのこと。

 実は数年前まで、馬肉の消費量は年々減少していた。例えば、2008年度の消費量が8972トンなのに対し、2011年度は7481トンだった(日本馬肉協会調べ。消費量は財務省公表の貿易統計「馬肉輸入量」のデータに農林水産省公表の食肉流通統計「馬肉生産量」のデータを加えたもので、部分肉ベース)。

 それが急激に伸びたのは、2011年以降。「生肉ユッケ食中毒事件」による規制強化で、ほとんどの焼肉店のメニューからユッケが姿を消してからだ。肉の生食ファンが馬肉に注目するようになり、代替メニューとして続々と取扱店が増えたのだという。

 馬肉を提供する店が増え、消費者が馬肉を食べる機会が増えたことにより、馬肉料理も進化。これまでは「馬刺し」「桜鍋」くらいだったが、最近では馬肉を使ったハンバーグを売りにしたり、牛肉と同じように部位を細かく分けて提供する“マニアック馬肉料理店”も増えている。

「仕事馬」も東京・水道橋の路地裏という目立たない場所にあるが、月間平均売り上げ約800万円という繁盛店
[画像のクリックで拡大表示]
馬肉料理店「三馬力」は池袋駅から徒歩10分ほどのさびしい通りだが、月額平均400万~450万円を売り上げている
[画像のクリックで拡大表示]