デジタルAVやPC・スマートフォンなどモバイル業界の1年を占う大イベント、「Internatioal CES 2014」(以下、CES 2014)が今年も米ラスベガスで開幕する。現地時間1月6日は大手家電メーカーによるプレスイベントやブースオープンに先立ってプレイベントの「Unveiled」が行われたほか、東芝の日本プレス向け発表会が開催された。6日時点で取材できた機器の写真を交えながら、CES 2014の5つのテーマを“予想込み”で解説していきたい。

今年もCES開催に先駆けてプレス向けイベントの「Unveiled」がマンダレイベイホテルで開催された
[画像のクリックで拡大表示]
CESの風物詩となった仏parrot社のスマホ操作対応ヘリコプター「Drone」に、手のひら大の超小型バージョン「Mini Drone」が登場し、早速会場内で飛行していた。発売日、価格は未定とのこと
[画像のクリックで拡大表示]
同じく仏parrot社の新ラインアップとなるスマートフォン制御のロボット「Sumo」。転がるだけでなく、空中80cmまでジャンプするという。こちらも近日登場予定だが、詳細は未定とのことだった
[画像のクリックで拡大表示]