ウオーキングのお伴にも最適な「ダンベル&ウエイト」

 もっとも手軽で、年齢や性別問わず行えると人気のウオーキング。健康維持のためにウオーキングを行う人は増加傾向にあり、笹川スポーツ財団の最新のデータによると、散歩やウオーキングを実施している割合が上位を占めている(SSF「スポーツライフに関する調査2012」)。

 体内に酸素を取り入れることで新陳代謝を促すウオーキングは、20分以上続けることで体脂肪が燃焼し始めるという。さらにダンベルやウエイトを利用すれば、その効果もアップするといわれている。ザ・ダイソーでは、0.5キロのダンベルを取り扱っており、手の甲にグリップ留めがついたタイプもある。また、手首や足首に巻きつけるタイプのサンドウエイトもあるので、休日のウオーキングにはもちろん、通勤時にも装着すれば、手間も時間もかからず体脂肪を燃焼できる。ただし、無理に負荷をかけると、腰や腕などを傷めることがあるので注意しよう。

0.5キロのダンベルは通常の握るタイプと、グリップ付きタイプがある。自分が使いやすいほうを選ぼう
[画像のクリックで拡大表示]
手首と足首兼用のサンドウエイトは重さ約250グラム。長時間の使用や無理な運動には気をつけよう
[画像のクリックで拡大表示]

 その他、子どもと一緒に遊べるバドミントンラケットやスポーツなわとびなど、100円ショップで見かける身近な遊具はダイエットにも有効だ。

ラケット1本と羽根1個がついて100円。ラケットの長さは約66センチ
[画像のクリックで拡大表示]
スポーツなわとびは大人でも使えるよう、長さは約2メートル60センチある
[画像のクリックで拡大表示]

 手頃な値段で手に入る100円ショップのトレーニンググッズでも十分にダイエットの役に立つものはある。まずは気軽に、毎日簡単にできるものから始めてみることが長続きするコツだ。子どもと一緒に遊び感覚で試してみてはどうだろう。

(文/小口梨乃)