正月休みが終わり、仕事が始まると気になるのは、クリスマスから年末年始にかけて続いていた暴飲暴食による体重の増加。スーツのパンツが入らなくなってしまった……と悩んでいる人は多いのではないだろうか。まだしばらくは新年会が控えているし、年始は得意先への挨拶まわりなどで意外と忙しく、じっくりダイエットする時間なんてつくれないのが実情。忙しいビジネスパーソンにとって、通勤前や夜寝る前など、家にいる空いた時間を利用して少しずつ体を動かすのが、現実的な方法ではないだろうか。

 手っ取り早く始めるなら、ここ数年ダイエットグッズが充実してきた100円ショップが手助けになりそうだ。そこで、全国に展開する「ザ・ダイソー」で見つけた、100円でありながら本格的なトレーニンググッズを試してみた。

筋力がなくてもラクに使える「エクササイズストレッチャー」

 「『ザ・ダイソー』ではオリジナルでさまざまなトレーニンググッズを提案しているが、ウエストや太腿など、全身の筋肉を鍛えられる『エクササイズストレッチャー』はとくに男性に人気が高い」とは、ザ・ダイソー広報担当の亀山由希子さん。

 エクササイズストレッチャーには、8の字型とOの字型の2種類がある。どちらも適度な伸縮性と弾力性があるので、日頃運動をしない人にも使いやすい。「息を吐きながらチューブを伸ばし、息を吸いながら元に戻すとより効果的」(亀山さん)。

エクササイズストレッチャー。どちらも軽量なので、オフィスへの持ち運びも可能。気づいたときにエクササイズできて便利
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に使ってみたが、呼吸を意識しながら体を動かしていると体の中から温まってくるのが感じられた。また、伸縮性は強くないので、筋力に自信がない人でも、ラクにエクササイズができそうだ。チューブの長さが1メートルある8の字型は、二の腕やウエストまわりの運動(写真1と2)に使いやすく、チューブの長さが60センチのOの字型は脚部の運動(写真3)に使いやすかった。

 自分に合う方法で行うことも可能。いきなり激しくエクササイズをするのではなく、軽くウオーミングアップをしてから行うようにしよう。

1.チューブを足で踏み、ひじを支点に腕を後方へ持ち上げて伸ばす。上腕二頭筋や三頭筋に働きかける
[画像のクリックで拡大表示]
2.チューブを足で踏み、上半身を横に傾けながらチューブを伸ばし、ゆっくりと元に戻す。脇腹がストレッチされている感覚がある
[画像のクリックで拡大表示]
3.椅子に座り、片膝を曲げてチューブを土ふまずにかける。反対側のチューブを手で持ち、手の位置はそのままにして、ゆっくり脚を伸ばし、元に戻す。反対側も同様に行う
[画像のクリックで拡大表示]