Windowsの最新バージョン「Windows 8.1」がついにリリースされた。インストール済みのパソコンが各社から発売になったほか、既存のWindows 8からは無料でアップグレードできる。Windows 7/Vista/XPのユーザー向けにはパッケージ版を用意する。

 「Windows 8.1をインストールしてみようかな」と考えている人も多いはず。この記事では、8.1を操作する基本的なポイントと、真っ先にやっておきたい設定項目を紹介したい。

基本的な操作方法をマスターする

 まずは基本的な操作方法を確認しよう。

 Windows 8.1の一番の変更点といえば、デスクトップ画面のタスクバー左端に「スタート」ボタンが付いたこと。初期設定では、これをクリック(タップ)すると「スタート」画面に切り替わる。Windowsマークの付いたWindowsボタンやWindowsキーと同じ働きをする。スタート画面では、8と同じく「デスクトップ」をクリック(タップ)すると、「デスクトップ」画面に切り替わる。

画面左下のスタートボタンをクリック(タップ)すると、スタート画面に切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]
スタート画面で「デスクトップ」のタイルをクリック(タップ)すると、デスクトップ画面に切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]

 スタートボタンをクリック(タップ)してスタート画面に切り替えたら、画面左下の矢印ボタンをクリック(タップ)するか、画面を上にスワイプしてみよう。インストールされているアプリの一覧画面が表示されるはずだ。8ではアプリ一覧の画面をデスクトップ画面から表示するのがかなり面倒だったが、8.1ではスタートボタンのおかげで楽になった。

スタート画面で、画面を上にスワイプするか、画面左下の矢印ボタンをクリック(タップ)してみよう
[画像のクリックで拡大表示]
すると、アプリの一覧画面に切り替わる。再び画面左下の矢印ボタンをクリック(タップ)するか、下にスワイプするとスタート画面に戻る
[画像のクリックで拡大表示]