今をときめくアイドルグループ「ももいろクローバーZ」。2009年、彼女たちの第二弾シングルに収録されたリミックス曲を弱冠18歳で手がけた音楽プロデューサーが、今秋ワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビューする。“tofubeats”名義で活動する彼は 、神戸出身の現在22歳。アイドルやアーティストへのリミックス・楽曲提供だけでなく、インディーズから発売した自身のアルバムもiTunes Music Storeで総合チャート1位を獲得するなど、音楽業界で今もっとも注目を集める若手の一人だ。1990年生まれの彼が、ネット投稿というスタイルで音楽活動をするに至ったきっかけや、彼の音楽の原点、何がメジャーデビューへの布石となったのか。tofubeats氏本人へインタビューした。

tofubeats(トーフビーツ)
1990年11月生まれ。神戸出身の作曲家、音楽プロデューサー/DJ。関西学院大学経済学部卒。2003年、中学1年生の頃からパソコンでの楽曲制作、ネット投稿を開始。2008年、高校3年生時に横浜アリーナで開催された国内最大級の屋内クラブイベント「WIRE08」に最年少DJとして出演、注目を集める。2009年、ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)のセカンドシングル『未来へススメ!』のカップリング曲『ももいろパンチ』のリミックスを手がけ、以降YUKI、電気グルーヴなどアーティストのリミックスや9nine、Negicco、lyrical schoolなどアイドルへの楽曲提供も数多く行っている。2013年4月にインディーズから発売した『lost decade』がiTunes Music Store総合チャート1位を獲得。2013年11月にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューシングルを発売予定。
[画像のクリックで拡大表示]

大人たちに“ヘタクソ”呼ばわりされた中学時代

――楽曲制作を始めたきっかけを教えて下さい

tofubeats氏(以下、tofubeats): 中学1年生の時に日本語ラップを聴いてクラブミュージックにハマったのがきっかけです。音楽は小さい頃から好きで、ベースを始めようとした時期があったんですが、バンドのメンバーが集まらなくて…。クラブミュージックならPCと機材があれば一人でできると知り、作ってみようと思いました。必要な機材については2ちゃんねるの音楽スレッドを中心に、ネットで情報集めました。2万円くらいのサンプラーという機材が欲しいと親に話したら「英検に受かったら買ってやる」と言われたので必死に勉強しました。PCは、母親の勤め先から安く譲ってもらった中古のWindows98を使っていました。

――作った曲は誰かに聴かせていたんですか

tofubeats: 自室にインターネット環境が整ったのは2004年、中学2年生の時で、その頃から作ってはネット投稿するというスタイルを取っていました。日本版のmyspaceみたいなmuzieというサイトがあるんですが、インディーズのミュージシャンが自分の曲をアップして無料配信できるんですよ。当時は5MBのmp3を10曲20曲アップできるサーバーが他にほとんどなかったのでmuzieはかなり使いました。身近にクラブミュージックに興味がある友達がいなかったので、作ってはネットにアップして全然知らない大人たちにヘタクソだと叩かれてました(笑)。好きなミュージシャンがやってるネットラジオに投稿したり、mixiの音楽関連コミュニティで情報交換したりと、音楽に関する人間関係はほとんどネットの中で築きましたね。

――YouTubeにアップしたリミックス曲が話題になって、tofubeatsさんの名前が知られるようになったんですよね

tofubeats: サービスが日本で始まった2006年頃に自作曲をアップし始めました。まだmuzieやWinMXを中心に投稿していた頃で、多くの人や世界を意識してYouTubeを選んだわけではなかったんですが。2007年、高校2年生の時にあるヒップホップグループの曲をリミックスしてYouTubeにアップしたら結構な話題になり、ご本人たちの耳にも入って。幸い気に入ってもらえたようでネット経由で連絡をもらいました。それと前後して、周りの、ネットつながりの人たちから「DJやらないの?」と言われるようになって、練習し始めました。今まで自宅で一人で音楽作っていたので、人前に出たことがなかったんです。音楽をリミックスする=DJをするという発想は自分の中にはそれまであまりなかった。その後、mixiで知り合った人の大学の学園祭に出してもらったり、京都の小さいイベントに出たりしました。

――そこからどうやってWIRE08出演につながったんでしょうか。

tofubeats: 今の事務所のマネージャーに声をかけられたんです。

マネージャー: 当時、僕は別の会社にいてWIREという日本最大級の屋内クラブイベントの、サブフロアに出る新人を探していたんです。イベント出演者の大半は海外のDJでしたが、新人の顔見せのようなコーナーがあって、出演者をオーディションで選ぶことになっていました。YouTubeでtofubeatsの曲を聴いて「すごい高校生がいる」と思ってmixi経由で連絡を取り、デモを送るよう促しました。

tofubeats: WIRE08…。それが人生3度目の、人前に出たイベントですね。

DJをするtofubeats氏
[画像のクリックで拡大表示]