災害が起きたとき、避難場所で必要とされるのが「食事」「洗濯」「入浴」といった生活の中心になるもの。災害支援などで目にすることが多いのが、陸上自衛隊の野外炊具や野外入浴セットといった装備品だ。こうした装備品の教育や研究を行っている、陸上自衛隊の需品学校と習志野演習場で、実際に体験してみた。

最新型「野外炊具」の食事を食べてみた

 炊事で使われるのが「野外炊具」と呼ばれる移動式の調理器だ。トレーラーに載せた炊飯器で食事を作っている様子を、災害派遣や国際平和協力活動の映像などで目にしたことがある人は多いだろう。

 「野外炊具1号(22改)」は自衛隊が装備する野外炊具で、平成24年度に装備化された最新型になる。「22改」は開発年度の平成22年から来ている。1トントレーラー上に環流式炊飯器6台、万能調理器などを搭載したもので、200人分の主食と副食を45分以内に調理できる能力を持っている。大型トラックに牽引されて移動するが、目的地に向かって道路上を走りながら炊飯することも可能だ。炊飯のほかに味噌汁などの汁物、焼物、煮物、炒め物、揚げ物などを作れ、1台で炊飯、汁物、副食をまかなえるという。

 これまで使われてきた「野外炊具1号(改)」の改良型で、発電機の改良で6台同時着火が可能になったり、故障が多かったバーナー部分の信頼性向上、タッチパネル採用による操作性の向上といった改良が施されている。かまど部分を分離して、単独で使うこともできる。

野外炊具の最新型、「野外炊具1号(22改)」。冷凍冷蔵庫、給水ポンプ、貯水タンクなども含まれる
[画像のクリックで拡大表示]
トレーラーの上には、炊飯器や調理器がところ狭しと並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
操作パネルはタッチ操作やタイマー設定が可能になり、調理時の負担が大幅に軽減された。従来の野外炊具1号(右)では着火や火加減の調節が難しく、操作に熟練が必要だったという
[画像のクリックで拡大表示]
かまど部分を分離して、発電機と組み合わせて単独運用することもできる。少人数用の食事はこれで賄える。その奥に見えるのは1000Lの貯水タンク
[画像のクリックで拡大表示]
炊飯器で炊き込みご飯を作る。こうした作りたての温かい食事には被災者の心を癒す効果があり、大変重要なのだという
[画像のクリックで拡大表示]

 この「野外炊具1号(22改)」で調理した炊き込みご飯を実際に食べてみたのだが、ふっくらと炊けていてとても美味しく、香りもよく、大変満足のいく一品だった。こうした作りたての温かい食事は、部隊では隊員の士気を高めることにつながり、災害地では被災者の心を癒す効果があるという。「温食」は大変重要なのだ。

「野外炊具1号(22改)」で作った炊き込みご飯を昼食にいただいた。とても美味しい
[画像のクリックで拡大表示]