ソニーは2013年9月4日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催されている家電ショー「IFA 2013」で、スマートフォンに装着して利用する“レンズだけのカメラ”のような斬新なコンセプトのデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-QX100」(以下、DSC-QX100)と「Cyber-shot DSC-QX10」(以下、DSC-QX10)を発表した。コンパクトデジカメのレンズ部分だけを切り出したかのような円筒形をしており、スマートフォンの背面に装着して使う仕組み。Wi-Fi内蔵でスマホに導入した専用アプリで撮影や再生、スマホへの画像転送を行う。同社の最新高級コンパクトデジカメと同等の明るいレンズや大型撮像素子、光学式の手ぶれ補正機構を備え、スマートフォンの内蔵カメラでは実現不可能な高画質撮影を楽しめるのが魅力だ。

 日本での発売時期や価格は未定。

ソニーがIFA 2013で発表した「Cyber-shot DSC-QX10」。同社のコンパクトデジカメのレンズと撮像素子だけを取り出したような円筒形で、“レンズカメラ”といった趣だ。装着しているのは、同時に発表されたAndroidスマートフォンの新製品「Xperia Z1」
[画像のクリックで拡大表示]
スマートフォンとはWi-Fiで接続し、ケーブル接続の必要はない。スマホに導入した専用アプリで撮影や再生、スマホへの転送ができる
[画像のクリックで拡大表示]

高級コンデジ「DSC-RX100M2」と同等の画質で撮影できる「DSC-QX100」

 上位機種のDSC-QX100は、1型の裏面照射型CMOSセンサー(有効2020万画素)と35mm判換算で28~100mm相当の光学3.8倍ズームレンズを搭載しており、2013年7月に発売した最新の高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M2」相当の性能を持つ。本体サイズは62.5(W)×62.5(H)×55.5(D)mm、重さは約179g(バッテリーとメモリーカード含む)。

DSC-QX100。この円筒形のボディーに、レンズユニットと撮像素子、バッテリー、ズームレバー、Wi-Fi機能などを内蔵する。レンズや撮像素子のスペックは、DSC-RX100M2と同じ
[画像のクリックで拡大表示]
DSC-QX100のベースになった高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M2」(実勢価格は7万3000円前後)。レンズや撮像素子のスペックは同等だ
[画像のクリックで拡大表示]

 DSC-QX100は本体にバッテリーを搭載しており、Wi-Fi経由でスマホと接続する(iOSとAndroidに対応)。内蔵のNFCを利用すれば、面倒なWi-Fiの接続設定を行う必要なく、ワンタッチでスマホと接続しアプリも自動的に起動する(NFC連携はAndroidのみ)。スマホへの装着は、付属の伸縮式アタッチメントにDSC-QX100を装着し、アタッチメントをスマホに固定すればよい(スマホのケースやカバーはあらかじめ外すことを推奨している)。

 撮影や再生は、スマホに導入する専用アプリ「PlayMemories Mobile」を利用する。基本的な機能や操作方法は、スマホの内蔵カメラ機能と同等だ。ズームやシャッターはスマホの画面タッチで操作するが、円筒形のカメラ本体側面に搭載したズームレバーやシャッターボタンでも操作できる。撮影した写真は、スマホの内蔵メモリーではなく、DSC-QX100の内蔵メモリーに記録される。アプリの転送モードを使って、好みの写真をスマホに転送する仕組みだ。

バッテリーやメモリーカードを含んだ重量は約179gで、そこそこ重量感はある。うっかり落とさないように、本体にストラップ固定用のストラップホールを用意する
[画像のクリックで拡大表示]
本体の側面にズームレバーとシャッターを搭載しており、スマホの画面に触らずに撮影することも可能
[画像のクリックで拡大表示]
上部に電源ボタンとステレオマイク、NFC端子を搭載する。NFCを利用すれば、スマホとのWi-Fi接続がワンタッチで済む
[画像のクリックで拡大表示]
ライブビューや撮影画像を表示する液晶モニターは搭載しないが、バッテリー残量やメモリーカードの状態を表示するモノクロ液晶パネルを側面に備える
[画像のクリックで拡大表示]
カバーの内部にメモリーカードスロットを搭載しており、撮影した写真や動画はメモリーカードに記録される。充電はUSB経由で行う
[画像のクリックで拡大表示]
底面には三脚座と三脚穴を用意しており、一般的な三脚に安定して固定できる
[画像のクリックで拡大表示]
背面のカバーを開けるとリチウムイオンバッテリーが顔を出す。Cyber-shotシリーズで一般的なタイプのバッテリーで、予備バッテリーも単体で購入できる
[画像のクリックで拡大表示]
付属のアタッチメントを利用してスマートフォンに固定する。幅が54~75mm、厚みが13mm以下のスマホに取り付けられる。脱落の可能性があるので、スマホのケースやカバーは外した状態で装着することを推奨している
[画像のクリックで拡大表示]

 相当の性能を持っているとはいえDSC-RX100M2に比べると、いくつか異なる点もある。まず、ISO感度設定はオートのみとなり、ユーザーが任意に設定することはできない。露出モードは、フルオートと絞り優先オートだけとなり、シャッター速度優先オートやマニュアル露出モードは利用できない。連写やスイングパノラマ撮影はできず、フラッシュ撮影もできない(スマホの内蔵フラッシュは利用不可)。マニュアル撮影で思い通りの写真を作り上げるDSC-RX100M2に対し、DSC-QX100はフルオートで手軽に撮影するといった使い方の違いがある。しかし、デジタル一眼並みの大型撮像素子できれいに撮影できるのは魅力だ。