福島県の南相馬市と郡山市をメーン会場として、プロ・アマチュアの混成チームが30時間でゲームを作り上げるイベント「福島GameJam 2013」が2013年8月3日から4日にかけて開催された(ゲームの開発者団体であるIGDA Japanが主催)。東日本大震災や福島第一原子力発電所の事故で大きな被害を受けた福島県を中心として、東北地方の復興に向けた人材育成など目的として開催された本イベントを今回密着取材した。

震災復興目指し、IT分野の人材をゲームで育てる

 「福島GameJam」は、ゲーム開発のプロやアマチュアが混在したチームが30時間で1つのゲームを作成することで、共同作業によるゲーム開発の手法を学ぶとともに、ゲームを作る楽しさを知ることを目的としたイベントだ。

 このイベントが福島で開催されたのには、2011年3月11日に発生した東日本大震災と、それに伴って発生した福島第一原子力発電所の事故が大きく影響している。津波だけでなく、原発事故の影響で今なお苦しむ福島県を中心に開催することで、東北地方の復興に向けた取り組みを広く示そうという狙いがある。さらに、風評被害を受けないIT分野の人材を育成し、東北地方に広域のITクラスターを整備することを目的として、震災直後の2011年8月からイベントを開催している。

イベント開催前に実施された、南相馬の被災地視察より。会場から少し離れた場所には、今なお津波による被害の爪痕がいたるところに残っている状況だ
[画像のクリックで拡大表示]

 今年で3回目となる「福島GameJam 2013」は、従来のメーン会場である南相馬市に加え、新たに郡山市にもメーン会場を設置。それと同時に、東京や名古屋など国内の他の地域や、台湾、南米のコロンビア、チリといった海外にもサテライト会場が設置され、14会場で計531人がゲーム開発に参加する大きなイベントとなった。

 メーン会場の1つである南相馬市の南相馬市民文化会館「ゆめはっと」には、およそ50人の参加者が訪れた。参加者は、現役のゲーム開発者や、ゲーム開発に興味を持つ首都圏や仙台などからの学生らが中心だが、地元の高校生が2名参加するなど、南相馬からの参加者も増えているようだ。参加者は7名前後のチームに分けられ、各チーム内でそれぞれのスキルを活かしてゲームを開発する。

 福島GameJamでは、開発するゲームのテーマが毎回決められており、今回のテーマは“Jump”。テーマとは別に、「子どもたちが描いたイラストをゲーム内に取り込む」「タブレットでも遊べるようにする」「オフラインでもゲームが楽しめる」など、必ずしも守る必要はないものの、なるべく盛り込むべき要素もいくつか定められている。テーマとこうした要素を意識しながら、各チームはゲーム開発を進めていくわけだ。

福島GameJamのメイン会場の1つとなった、南相馬市民文化会館「ゆめはっと」
[画像のクリックで拡大表示]
今回の開発テーマは、3回目の飛躍を示す“Jump”に決定。テーマは自由に解釈してゲーム企画に活かすことができる
[画像のクリックで拡大表示]
テーマ以外に、必須ではないがゲーム内に盛り込む要素がいくつか提示された
[画像のクリックで拡大表示]
地元・南相馬の女子高生らによる開始宣言で、ゲームの開発を開始。南相馬からの参加者も何人か見受けられ、イベントの認知度は高まってきているようだ
[画像のクリックで拡大表示]