コンビニの“いれたてコーヒー”が話題になるなか、実は牛丼チェーン店「すき家」でも本格的ないれたてコーヒーが飲めることをご存じだろうか。

大森べルポート店では入り口でコーヒーを大きくアピールしていた
[画像のクリックで拡大表示]

 すき家を運営するゼンショーホールディングス広報室の廣谷直也氏によると現在、全国にある1952店舗中、1080店舗でいれたてレギュラーコーヒーを提供しているそうだ。「スペースが限られているビルインの店舗などでは作業導線上、コーヒーマシンの設置が難しかった。しかし、リニューアル時に導入するなどして、コーヒーを提供できる店舗数を増やしている」(廣谷氏)。

 すき家の牛丼(並盛)が280円なのに対し、ホットコーヒーは100円。「安く早く食事を済ませたいときに利用する牛丼店で、あえてコーヒーを頼む人がいるのか」と思いきや、1日で最高100杯以上のコーヒーが売れている店舗もあるそうだ。いったいどんなコーヒーなのか。どんな人がどんなときに買っているのか。

すき家のホットコーヒー(100円)、アイスコーヒー(Mサイズ150円、Lサイズ220円)。イートイン、テイクアウトともにホットは紙カップ、アイスはプラスチックカップで提供
[画像のクリックで拡大表示]
大森ベルポート店は面積が広く、ソファ席も多いためカフェのような雰囲気。コーヒーだけを飲んでいても違和感がない
[画像のクリックで拡大表示]