ソニーが高級コンパクトデジカメの新製品を2機種発表。従来モデルと合わせて4機種をラインアップし、人気の高まる高級コンデジ市場でのシェア拡大や収益アップを狙う
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2013年6月27日、高級コンパクトデジカメの新製品として、「Cyber-shot DSC-RX100M2」(店頭実勢価格は7万5000円前後、以下「RX100 II」)と「Cyber-shot DSC-RX1R」(同25万円前後、以下「RX1R」)の2機種を発表した。特に、RX100 IIは従来モデル「Cyber-shot DSC-RX100」(以下、RX100)と比べて使いやすさに大きな進化が感じられ、個性豊かな競合モデルがひしめく高級コンデジで、ひとつ抜き出た大本命になり得る製品に仕上がっている。

 RX100 IIは、製品の特徴である1型の大型CMOSセンサーを裏面照射型に変更して高感度性能を向上させたのが画質重視派にはうれしいポイントだが、装備を大幅に充実させたことがそれ以上に注目できる。具体的には、外部ストロボやマイク、電子ビューファインダーなどのアクセサリーが装着できるマルチインターフェースシューの新設や、背面の液晶モニターを可動タイプに変更したこと、Wi-Fi機能の内蔵など、装備面は最小限の変更にとどまるRX1Rに比べるとたくさんの装備が盛り込まれた。


明るいズームレンズと1型の撮像素子を搭載する「Cyber-shot DSC-RX100M2」。撮像素子を裏面照射型に変更しただけでなく、外部ストロボやマイクなどのアクセサリーを装着するマルチインターフェースシューの新設や、液晶モニターのチルト対応、Wi-Fi機能の搭載などが目玉。外観は従来モデルとほとんど変わりないが、機能や装備の変更点はかなり多い
[画像のクリックで拡大表示]
上部から見たところ。液晶モニターを可動式にしたことで厚みが2mmほど増えたというが、スリムでコンパクトな印象は変わりない
[画像のクリックで拡大表示]

RX100の欠点だった拡張性の乏しさを解消、動画重視派も注目

 これまでのRX100は、1型CMOSセンサーによる高画質やコンパクトなボディーで定評があったものの、「装備がシンプルすぎる」「拡張性は一般的なコンデジ並み」との不満の声も聞かれた。RX100 IIでは、電子ビューファインダーの増設や外部ストロボの利用が可能になり、可動式の液晶モニターを搭載したことで、競合する高級コンパクトデジカメに並ぶ装備や拡張性を得た。特に、昨今ではデジカメにフルHD動画撮影機能を求めるユーザーが増えており、収録する音声のクオリティーが高められる外部マイクの接続が可能になった点は注目すべきポイントといえる。

マルチインターフェースシューには、別売のビューファインダーも取り付けられる。ファインダー撮影派にとってはうれしい改良だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは、上方向に約84度、下方向に45度ほど動く。表示は精細なうえ、明るい屋外でも見やすい
[画像のクリックで拡大表示]

 かつて、ソニーは「裏面照射型CMOSセンサーのメリットが出やすいのは画素が微細な小型センサー」とし、画素サイズに余裕のある大型センサーの裏面照射化には否定的だった。だが、RX100 IIの発表会では、「1型と大型タイプでも1絞り分の感度アップ効果が得られることが分かったので、製品化を決めた」とコメント。高感度性能を高めつつ、データを飽和しにくくする改良も加えられたので、明るい日中の低感度撮影でも白飛びしにくく、階調の表現能力が高まったという。