※この記事は日経ヘルス for MEN「男の腹やせ」をもとに再構成しました。

 「自分はまだまだ」と軽く見ることなかれ。40代を過ぎると、誰の目にも共通に「老眼」が始まる。老眼を放置して無理にピントを合わせようとすると、目の疲れや頭痛が悪化する一方だ。今日からできる対策と、目の最新治療もおさらいしておこう。

[画像のクリックで拡大表示]
老眼とは「水晶体の調節」がうまくいかなくなること
近くを見るときには毛様体筋が緊張して水晶体を分厚くし、ピントを調節している。40代以降になると水晶体が徐々に硬くなり、毛様体筋が頑張っても変形しにくくなる。近くを見ようとするとぼやけるようになるのはそのためだ
[画像のクリックで拡大表示]

 最近白髪が、顔のたるみが……と見た目の老化が気になり始めていたら、その老化は「目」にも起こっていると自覚しよう。

 そもそも目のピント調節力の低下は、10代のころから始まっている(グラフ)。しかし、若いときは水晶体が柔軟で、近くを見るときには毛様体筋にぐっと力を込めると、水晶体が簡単に分厚くなり、ピントを合わせることができる。しかし、40代を過ぎると水晶体が硬くなり始め、毛様体筋が緊張しても分厚くなりにくくなってくる。「読書などに支障をきたすようになる平均年齢は45歳といわれるが、40歳を過ぎるころから何らかのトラブルを感じ始める人が多い」と梶田眼科(東京・港区)の梶田雅義院長はいう。

 若いころに目がとてもよかった、“メガネいらずの人”は遠視気味の人で、「遠くや、中間地点のものを見るときにも水晶体を分厚くしている。近くを見るにはさらに厚みを増さないといけないので、近くの見えにくさが早い段階で始まり、同時に遠くも見えづらくなる」と、南青山アイクリニック東京(東京・港区)の戸田郁子院長。

 水晶体の硬化やピント調節パワーの低下は誰にでも訪れる現象。どんな自覚症状が表れるのか、見ていこう。

老眼が引き金になって目の不調が悪化――全身の疲れも老眼が原因?

[画像のクリックで拡大表示]

 40代以降になれば誰にでも始まる老眼。実は、雑誌や新聞など近くのものが見えにくい、と自覚したときには老眼はすでに進行しているという。

 梶田院長は「老眼の初期症状は、目の疲れや肩凝りとして表れる。また、近くのものがぼやけると単に『視力が落ちた』と勘違いし、遠くがよく見えるメガネに作り替える人がいるが、近くがさらに見えづらくなり、目の疲れが増してしまう」と注意を促す。

 老眼は誰にでも起こる症状だからといって放置してはダメ。「見えにくいところを無理矢理ピント調節して見る、という生活を続けると、頭痛や肩凝りなど全身の不調が悪化する」と、戸田院長。もともとドライアイや眼精疲労がある人は、老眼によって症状がひどくなりやすいというから気をつけよう!

目の不調を呼ぶ病気
老眼 年齢とともに水晶体が硬くなり、水晶体の厚みを調節する毛様体筋も衰えて「近くが見えづらくなる」状態。ほとんどの人が、40歳を過ぎたころから自覚し始める。見えづらさを感じているのに放置すると、目の疲れが悪化して、頭痛や肩凝りなど全身の不調にもつながる。
眼精疲労 目が重い、目が痛い、しょぼしょぼする、かすむ、充血するなど目に表れる症状のほかに、頭痛や肩凝り、吐き気などの不調も起こる。合わないメガネやコンタクトレンズ、老眼やドライアイによって起こることもあり、その場合は原因を取り除くことで症状が緩和できる。
ドライアイ 涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することによって目の表面が乾いてしまう病気。老眼に加えてドライアイがあると、目の疲れが非常に強くなる。目の乾きやゴロゴロする感じ、涙がしみる、充血するなどの症状も。パソコン作業の多い人、コンタクトレンズ使用者にも多い。