auのLTEスマートフォンは、iPhone 5とAndroidで接続率や速度に大差がついている――。実機を用いた全国調査で明らかになった。auのiPhone 5はAndroidと比べてLTEで接続できるエリアがやや狭く、LTEエリアでも通信速度がAndroidの半分以下にとどまっていた。iPhone 5の周波数帯に対応したLTE基地局の整備が進んでいないことや、iPhone 5のユーザー数が急速に増えて通信回線が込み合っていることが原因のようだ。

全国のLTEエリア化率はNTTドコモがトップ、通信速度はauのAndroidが圧倒

 日経BPコンサルティングが2013年3月30日~4月15日、日本全国で人が多く集まる1000カ所でNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの5種類のスマートフォンを使い、LTE/4G接続によるエリア化率とスマートフォンにおけるLTE/4G接続時のデータ通信速度を調べた。

 LTEの高速回線で接続できるかを調べると、全体の97.4%でLTE接続できたNTTドコモの接続率が他社より高かった。auやソフトバンクモバイルも基地局の整備で猛追しているものの、LTE網の拡充に早くから力を入れてきたNTTドコモが接続エリアでは優位に立っている。

 iPhone 5とAndroidの両方を手がけるauとソフトバンクモバイルは、それぞれの端末で状況が異なっている。auでは、iPhone 5と比べてAndroidの方が接続率が高いのに対し、ソフトバンクモバイルでは逆にiPhone 5の方が優れる結果となった。

▼LTE/4Gエリアでの接続率
LTEのエリア化率は、NTTドコモが97.4%でリードし、続いてauのAndroidが続く。ソフトバンクモバイルは、iPhone 5のエリア化率が90%を超える高い値を示したが、Androidは73.5%にとどまる
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、LTEの通信速度は、16.06Mbpsを記録したNTTドコモを抜いて、auのAndroid(21.67Mbps)とソフトバンクモバイルのAndroid(20.78Mbps)が上位を独占し、iPhone 5はau(10.72Mbps)とソフトバンクモバイル(9.49Mbps)がともに奮わない結果となった。auとソフトバンクモバイルは、Androidと比べてiPhone 5のユーザー数が多く、通信回線が込み合って速度に影響を与えたのが原因のようだ。auのiPhone 5の通信速度はAndroidと比べて半分以下だ。

▼LTE/4Gの平均データ通信速度(下り)
LTEの通信速度は、auのAndroidが21.67Mbpsでリード。iPhone 5は、auとソフトバンクの両方で奮わなかった。iPhone 5の端末の性能が悪いのではなく、ユーザー数の増大が影響しているとみられる
[画像のクリックで拡大表示]

 auのLTE回線は、Android向け(800MHz帯と1.5GHz帯)とiPhone/iPad向け(2.1GHz帯)で異なる。2.1GHz帯のLTE基地局の整備が遅れていることが、iPhone 5の接続率の低さや速度の遅さにつながっているとみられる。それに対し、ソフトバンクモバイルはもともと3G回線で展開していた2.1GHz帯の基地局をLTEに転用でき、LTEエリアの拡充が早く進んでいる。ユーザーが急速に増えているiPhone 5では、この差が2社の接続率や通信速度の違いに現れたといえそうだ。