不二製油(大阪府泉佐野市)は2013年4月12日、新技術「USS製法」(ウルトラ・ソイ・セパレーション)による世界初の「豆乳クリーム」を発表した。

 これまでの豆乳の製造工程では加水した大豆を砕き、「豆乳」と「おから」に分離させていた。しかし新開発のUSS製法では、牛乳を生クリームと脱脂乳に分離する遠心分離と似た方法のため、豆乳をさらに「豆乳クリーム」「低脂肪豆乳」「おから」に分離できる。

 同社の清水洋史社長によると、同商品は業務用商品として食品メーカーや飲食店向けに2013年4月から販売を始めたが、発売前にすでに予約で売り切れており、予想以上の大きな反響に驚いているとのこと。「豆乳クリームは乳化力にすぐれ、食品にまろやかさと大豆のコクを与える。牛乳から作られたクリームと違い、食品の風味をマスキングする作用が少ないため、素材の風味がそのまま味わえるのも利点。また低脂肪豆乳は一般的な豆乳よりも低カロリーなうえ、だしのような風味を持つ特徴がある。設備を大きくして、1人でも多くの方に届けたい」(清水社長)。

これまでの豆乳の製造工程と、USS製法による製造工程の違い。「豆乳クリーム 低脂肪豆乳 レシピ集」(不二製油刊)より転載
[画像のクリックで拡大表示]
不二製油 研究開発本部 食品素材研究所 蛋白素材開発室長の佐本将彦氏による解説。これまでたんぱく質食品の成分を親水性の物質と親油性の物質に分ける技術は、卵、牛乳のみで成功していた。しかしUSS製法により大豆でも初めて可能になったという
[画像のクリックで拡大表示]
だし液に添加した場合の生クリームと豆乳クリームの味を味覚センサーで比較した結果。ほぼ生クリームと遜色がないうえ、うまみに関しては豆乳クリームのほうが強く、酸味は弱く感じることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]