春休みやGWなど、休みが続くこれからの季節。海外旅行を考えている人も多いだろう。いざ海外旅行へ行くときに悩むのが、お金はいくら持っていけば十分なのかだ。そんな悩みの解決法のひとつとして海外専用のトラベルプリペイドカードを利用する人が増えている。

ネットで申請、誰でも持てる手軽さが人気

 短期間の旅行なら一番頼りになるのは現金と考えている人もいるだろう。しかし、現金は現地通貨に両替しなければ使えない。空港内の外貨両替所なら手数料やレートは適正だが、街中、ホテルなどでの両替は手数料が一定ではなく、割高だったり、レートが悪い場合も多い。国によっては40%の手数料をとられ損することもある。

 海外旅行に慣れている人なら、現金は最小限だけ持っていき、いつでもどこでもキャッシュレスで買い物ができるクレジットカードをメインに利用する人も多いだろう。予算を決めて計画的にカードを使える人であればそれが安全で便利だ。ただし、カードに頼り過ぎてしまうと、帰国してカードの請求書を確認したら膨大な金額になっていたという話もよくある。そういう人に適しているのが、トラベルプリペイドカードだ。

 トラベルプリペイドカードとは、渡航前に日本国内で入金し、海外でキャッシュカードとしてATMから現地通貨を引き出したり、ショッピングやレストランでクレジットカードとして利用できるもの。残高が少なくなったときに日本国内で再入金ができるほか、インターネットバンキングを利用すれば海外からの再入金も可能だ。ただし使用できるのは海外だけ。海外使用専用のプリペイドカードと考えればわかりやすい。現在、JTBをはじめ、各クレジットカード会社から発行されており、利用者が増加傾向にある。

 パスポートなどの本人確認ができるものがあれば誰でも利用できる。各社のサービスカウンターであれば即日発行が可能、インターネットでも数日間で発行できる。また、ブックタイプで受け取ることが多いトラベラーズチェックに比べ、カード1枚で済むという手軽さや、万が一盗難にあっても自身でインターネットの専用サイトから利用を停止したり、発行会社にすぐに連絡すれば不正使用を防ぐことができる点が、初めての海外旅行やファミリーでの旅行を計画している人に好評のようだ。