価格破壊の高級レストラン「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」を展開し、快進撃を続けているバリュークリエイト(関連記事)が2013年2月14日、「俺のイタリアン」6店目となる「俺のイタリアンJAZZ」を銀座コリドー街にオープンさせた。店名のとおり、店内で毎晩ジャズの生演奏を行うライブハウススタイルの店だという。

 「俺の」シリーズといえば、デフレ時代に逆行する高原価率でありながら、1日3~5回転という高回転率で利益を出していることで話題だ。じっくりと音楽を聴かせるスタイルの店で、はたしてこれまでのような高回転率を維持できるのか。そして、どのシリーズ店も客をさばききれないほど大盛況を見せている今、あえて新業態を展開する理由はどこにあるのか。

「俺のイタリアンJAZZ」は銀座8丁目にあるビルの1階。同じ番地には運営会社「俺のフレンチ・俺のイタリアン」オフィスがあり、周辺には系列店が集中。いわば「俺の」聖地ともいえる場所だ。隣のビルには2012年9月27日にオープンした「俺のフレンチ Table Taku」がある
[画像のクリックで拡大表示]
席数は74席(座り席40席、立ち席34席)。ちなみに同店を除く「俺のイタリアン」5店舗の平均は約50席
[画像のクリックで拡大表示]