ソニーは2012年9月27日、液晶テレビ「BRAVIAシリーズ」のフラッグシップモデル「KDL-84X9000」を発表した。11月23日発売で、希望小売価格は168万円。受注生産で販売する予定だ。

ソニーが2012年11月23日に発売する84V型4K液晶テレビ「BRAVIA KDL-84X9000」。希望小売価格は168万円
[画像のクリックで拡大表示]

 KDL-84X9000はソニーとしては初めて、フルHDの4倍の解像度を持つ84V型の4Kパネル(3840×2160ドット)を採用したモデルだ。4K対応テレビ用に新開発した超解像高画質回路「4K X-Reality PRO」を搭載しており、デジタル放送やBlu-ray Discのハイビジョン映像を4K解像度に超解像化して表示する。

3D映像の視聴にも対応
[画像のクリックで拡大表示]

 本体両サイドには、10個のドライバーを前向きに配置した「10ユニットドライブスピーカーシステム」を搭載している。

本体両サイドには、10個のドライバーを前向きに配置した「10ユニットドライブスピーカーシステム」を搭載している
[画像のクリックで拡大表示]

 本体裏側の側面にはUSB端子を備えており、外付けHDD録画にも対応。USB端子にUSBメモリーなどを接続して、高解像度のデジタル写真を表示することもできる。

 一般的なBRAVIAシリーズと同様に、「SEN(Sony Entertainment Network)」機能にも対応する。YouTube動画を再生したり、同社の映像配信サービス「Video Unlimited」や音楽配信サービス「Music Unlimited」、各社のVOD(ビデオ・オンデマンド)サービスのほか、アプリキャストなども利用可能だ。