●「Liber Liberi」(ニンテンドーDS、HAL大阪/リベルリベリ開発チーム)

 プレゼンターを務めたスクウェア・エニックスの三宅陽一郎氏は「斬新なゲーム。左のストーリーにヒントがあり、右のだまし絵の中から正解をなぞると次のページに行ける。物語、イラスト、図形という3つの要素が組み合わさり、メニューや音楽が高いレベルで一つの方向性に従って結晶している。新しいゲームジャンルで、ほかにないゲーム性を生み出している」と評価した。

HAL大阪 リベルリベリ開発チームが制作した「Liber Liberi」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 HAL大阪 リベルリベリ開発チームの代表者は「すばらしい賞をいただいて光栄。サポートしていただいた先生方、かかわったすべての方々、メンバーの皆さんのおかげだと思う」と感想を述べた。

HAL大阪 リベルリベリ開発チームのメンバー
[画像のクリックで拡大表示]