●「リブレット」(PC、大阪情報コンピュータ専門学校/リブレット制作委員会)

 プレゼンターを務めたアスキー・メディアワークスの千木良章氏は、「画面が自動でスクロールするので、アイテムを取ったりジャンプしたりといった動きに集中できる。すぐにプレーできてゲーム性をつかめる、シンプルながら楽しい作品。ステージが進むと手応えもある。まだ盛り込める部分もあるが、トータルとして未来を感じる作品だと感じた」と評価した。

大阪情報コンピュータ専門学校 リブレット制作委員会が制作した「リブレット」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪情報コンピュータ専門学校 リブレット制作委員会の代表者は「2年連続でこの舞台に立つことができた。前回の反省点を生かして今回の作品を作り、また受賞させていただいてうれしい」と語った。

大阪情報コンピュータ専門学校 リブレット制作委員会のメンバー
[画像のクリックで拡大表示]