●「CLARTE」(ニンテンドーDS、HAL名古屋/Project CLARTE)

 プレゼンターを務めたエンターブレインの長田秀樹氏は「最初は上の画面と下の画面を同時に見る操作感に戸惑うが、慣れると感覚的にプレーできる。操作がどんどんスピーディーになって、自分の操作感に酔うのが気持ちいい。シューティングゲームの快感とパズルゲームの快感を同時に味わえる。まだまだ改善の余地はあるが、どんどん面白いものになっていく可能性を感じた」と評価した。

HAL名古屋 Project CLARTEが制作した「CLARTE」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 HAL名古屋 Project CLARTEの代表者は「この場にいられることを光栄に思う。先生方の力とチームのみんなの力のおかげと感謝している」と語った。

HAL名古屋 Project CLARTEのメンバー
[画像のクリックで拡大表示]