大賞は「Reco」の手に!

 日本ゲーム大賞 2012 アマチュア部門の大賞は、優秀賞5作の中からHAL名古屋/Project Recoの「Reco」が選出された。

 プレゼンターを務めたエンターブレインの長田秀樹氏は、「『(最初のコンセプトを)曲げないで作った』というのは知らないでプレーしたが、それを十分に感じられる作品だった」と語った。

アマチュア部門 大賞のプレゼンターを務めたエンターブレインの長田秀樹氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「『あれ、これはどうやるんだ?』という感じで戸惑うが、トライ&エラーを繰り返すことで慣れていく。失敗しながら1人で2人を時間差で操作するというのが、だんだん快感に変わっていく。7ステージあるが、もっとプレーしたいなと感じた。

 HAL名古屋 Project Recoの代表者は、「言いたいことは言い尽くしたが、やりたいことを最後まで貫き通せたのがよかった。同じ学校にもライバルがたくさんいたので、そういう人たちと競え会えたのがよかった。ありがとうございました」と語った。

大賞を受賞したHAL名古屋 Project Recoのメンバー
[画像のクリックで拡大表示]
日本ゲーム大賞 2012 アマチュア部門を受賞した11作品の開発チームメンバーと、選考委員を務めたスクウェア・エニックスの三宅陽一郎氏、アスキー・メディアワークスの千木良章氏、エンターブレインの長田秀樹氏
[画像のクリックで拡大表示]