●「Reco」(PC、HAL名古屋/Project Reco)

 プレゼンターを務めたエンターブレインの長田秀樹氏は、「表と裏の世界があるアクションパズルゲーム。それぞれの世界に主人公がいて、自分が操作したキャラクターが別の世界で遅れてアクションする。自分が操作するキャラクター同士で協力プレーするという、一人でマルチプレー感覚で楽しめる斬新なゲーム。世界観、絵本のようなグラフィックス、音楽と雰囲気がいい」と絶賛した。

HAL名古屋 Project Recoが制作した「Reco」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 HAL名古屋 Project Recoの代表者は「プログラマーとプランナーとデザイナー1人ずつで制作した。それぞれの我が強くて意見の衝突が多かったが、それがあったからこそしっかりゲームを作れたと思う。最後まで貫き通せたのがよかった」と語った。

HAL名古屋 Project Recoのメンバー
[画像のクリックで拡大表示]