●「ぺーぱーわーるど」(スマートフォン、HAL名古屋/Project Paper)

 プレゼンターを務めたセガの酒井智史氏は「紙を折ることでプレーヤーのキャラクターを進めるパズルゲーム。小さい頃にノートに書いたものを動かしたり追ったりして遊んでいたのを思い起こさせるような、新しいけど懐かしい感じ。今までになかった斬新さを評価した」と語った。

HAL名古屋 Project Paperが制作した「ぺーぱーわーるど」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 HAL名古屋 Project Paperの代表者は「コンテストの受賞作品を見てあこがれてここまできたので、みんなが目標にするゲームを来年も作れたらと思う」と語った。

HAL名古屋 Project Paperのメンバー
[画像のクリックで拡大表示]