[画像のクリックで拡大表示]

 「モンスターハンター4」を快適に遊ぶために気になるのが、ニンテンドー3DS LLでのプレー環境。3DS LLは大画面だが、3DSでモンハンを遊びやすくする「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド」に相当するアイテムがない。このため、操作環境にこだわるモンハンファンからは移行しづらいという声があった。

 だが、カプコンブースのモンスターハンター4コーナーをくまなく見ていると、ひっそりと3DS LL向けの「ニンテンドー3DS LL専用拡張スライドパッド」を発見!コンパニオンの方にお願いすると、実際の持ち心地を試せた。

「ニンテンドー3DS LL専用拡張スライドパッド」
[画像のクリックで拡大表示]

 カプコンブースでは現時点で話せる内容がないとのことで、公式な情報は任天堂のホームページに掲載されている名称と画像しかない。だが、昨年発売された3DS向け「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド」もTGS2011で「モンスターハンター3G」と一緒に展示され、ソフトと同時に発売された。今回も同じ展開が期待できそうだ。

実際に持ったところ。据え置きゲーム機のコントローラーに近く、安定して持ちやすい印象だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面には任天堂のロゴ。3DS向けと違ってグリップ部が大きく、握りやすい形状になっている
[画像のクリックで拡大表示]
3DS向けと同じく、後方にRキー、ZRキー、ZLキーが追加される。ボタンは大きめで押しやすい
[画像のクリックで拡大表示]
「モンスターハンター4」ブース右側には、「ニンテンドー3DS LL専用拡張スライドパッド」を装着した実機を用意。触ることはできないが、実機の3D映像をじっくりと視聴できる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/島徹)