「ビックロ」は地下3階~8階で構成され、ビックカメラが地下3階~1階と4~8階、ユニクロが1階から3階という構成。これまで壁面の「ビック」となっていたビックカメラのロゴが「ビックロ」になり、ユニクロデザインの「ビックロ」ロゴも追加される
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年9月27日、新宿にビックカメラとユニクロのコラボ店「ビックロ」がオープンする。2012年3月末に閉店した「新宿三越アルコット」の跡地となる同店には7月5日に「ビックカメラ新宿東口新店」がオープンしているが、9月27日にユニクロがオープンすると同時に「ビックロ」としてグランドオープンとなる。

 同店は地下3階から8階まで、ユニクロは1階から3階に出店。銀座店に続く国内2番目の売り場面積となる(ビックカメラは地下3階~1階、4~8階に出店、店舗面積は約1万5000平米)。

 グランドオープンにあたって、ビックカメラの宣伝ソングを使ったオリジナルソングを制作。テレビCMや新聞広告、交通広告、新宿駅過去最大のフロアジャック広告など、両社が共同で大規模な広告展開を実施する。

「ビックロ ユニクロ新宿東口店」は1~3階の計1200坪で銀座店に続く国内2番目の売り場面積となる。オムツ替え台や授乳室も完備
[画像のクリックで拡大表示]
店内に「ビックロガチャ」を設置。9月27日~30日の4日間、合計7000円以上(ビックとユニクロの合算も可能)買い物をするとメダルが1枚もらえ、さまざまな景品が当たる
[画像のクリックで拡大表示]
新宿駅過去最大のフロアジャック広告や「山手線ビックロトレイン」(9月24日から1週間、15分に1本)など、同店オープンにあたって大量の広告を投下
[画像のクリックで拡大表示]