ボーズ QuietComfort 3

 QuietComfort 3は発売以降、何度かパッケージが変更されており、現在市販されているものは2012年5月末から販売が始まった「QuietComfort3-SP」。iPhone等のアップル製品に対応するコントローラー/マイク付きケーブルが付属し、再生停止、音量、通話の操作や、ハンズフリー通話の可能なヘッドセットとして使える。

付属品はキャリングケース、ストラップ、バッテリー(画像は本体に装着状態)、バッテリーチャージャー、デュアルプラグアダプター、スタンダードオーディオケーブル、アップル製品専用マイク/リモコン付きオーディオケーブル
[画像のクリックで拡大表示]
左ハウジング(上)にオーディオケーブルの接続端子、パワースイッチは右ハウジング(下)の表面にある
[画像のクリックで拡大表示]
アップル製品専用マイク/リモコン付きオーディオケーブルのマイク内蔵コントローラー部分。マイク、コントローラー共に対応する機種は、iPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch(第2世代以降)、iPod nano(第4世代以降)、iPod classic(120/160GBモデル)、iPad、iPad 2、MacBook/MacBookPro(2009年以降)。コントローラは、iPod shuffle(第3世代以降)に対応
[画像のクリックで拡大表示]
折りたたんでキャリングケースに収納したところ。すべての付属品がコンパクトにまとまるキャリングケースの設計も秀逸
[画像のクリックで拡大表示]

 音質については相変わらずだ。オーディオプロセッサーで作った音であるのは間違いないが、非常に上手くチューニングされていて、人工的な味付けであるように感じさせない。しかも音の分離が良く、特定の帯域が飽和して解像感を失うようなこともない。そして改めて驚くのは、やはり消音効果に比べて動作ノイズが恐ろしく低いこと。音声の再生中は当然として、無音時でも気が付かないくらいノイズレベルは低い。

 消音効果も非常に高い。特に中低域の外来音を均等に遮断するため、ヘッドホンを装着した際に、気圧が急激に変化したときのような違和感を覚えるほど。ただし、人の声の帯域までレベルが落ちてしまうので、ここは気になる人もいるだろう。人に話しかけられてもヘッドホンを外さないと、聞き取りにくい場面もある。

 もうひとつの特徴は軽いこと。150g(バッテリー含む、ケーブル除く)という重さは、ドライバユニットのほかに電源、マイク、ノイズキャンセリング回路を内蔵しているとは信じられないほど軽い。ノーマルのヘッドホンでも、オンイヤータイプなら100g台の後半が当たり前だ。

 ただ、この機種にも弱点はある。それはバッテリーが切れたら音が鳴らなくなること。最近ではノイズキャンセリングヘッドホンとはいえ、電源オフでも使えるものが増えているが、QuietComfort 3はバッテリーが切れたらうんともすんとも言わない。そのバッテリーも専用形状で、オプションとして追加購入する場合は、1個4725円と、デジタル一眼カメラのバッテリー並みに高い。

電源は着脱式の専用リチウムイオンバッテリー。2時間で満充電となり、25時間の動作が可能。一度充電すれば、通勤で往復3時間使っても、1週間は余裕で持つ
[画像のクリックで拡大表示]