高温多湿の日本の夏は、いまが一番“におい”が気になる季節。特に毎日、靴を長時間履いているビジネスパーソンにとって、靴の中の環境は悪化の一方。この時期の靴の中の温度は37~40℃、湿度は80~90%にもなると言われている。加えて、足は、1日にコップ1杯分の汗をかく。つまり靴下を履いていても、帰宅して靴下を脱ぐまでには相当量の汗をかき、足はサウナにいるような状態になっているはずなのだ。

 そんなサウナ状態の環境だから、細菌は繁殖し、ニオイが発生して当然。

 クールビズが一般的になっているとはいえ、素足で出勤するわけにはいかない。よって「におわない男」になるためには、消臭効果はもちろん、肌触りがよく、涼感があったりサラサラ感がある靴下選びが重要になる。

 そんなビジネスパーソンの声を反映した、機能性豊かな靴下が各メーカーから発売されている。中でも消臭機能には各社こだわりがある。

 今夏、足を快適に保ってくれそうな靴下をリサーチした。

ムレとニオイを抑えるウール靴下! 岡本「スーパーソックス」

ドライ&クールを実感できる新製品! 岡本「プラチナクール」シリーズ

口コミで2万足の大ヒット! 3日間履いても臭わない興和堂「デオル」シリーズ

国際宇宙ステーションで使用! 消臭防臭など8つの機能のセイホウ「宇宙のくつ下」

におわず疲れ知らずの最高級メリノウール! スマートウール「PhDアウトドア」

日本の風土に適した美濃和紙の特徴を最大活用しにおわない!みの紙舞「和紙靴下」