キヤノンが2012年9月中旬に発売するミラーレス一眼「EOS M」。実機で詳細をチェック!
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンが2012年7月23日に発表したミラーレス一眼「EOS M」の注目が高まっている。2012年9月中旬の発売を前に、EOS Mの試作機が編集部に到着したので、実機で外観をチェックしていきたい。撮像素子や画像処理エンジン、基本的な撮影性能が同等のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」との比較も交えて紹介する。ミラーレス化で本体サイズがどれだけ小さくなったのかも合わせて検証していこう。

デザインはオーソドックスだが、使い勝手への配慮が随所に感じられる

 先鋭的なデザインの製品が多いミラーレス一眼にあって、同社のコンパクトデジカメ「PowerShot」シリーズ似のEOS Mのデザインは、一見すると新鮮味に欠けると感じるかもしれない。だが、押しやすさに配慮したシャッターボタン周囲の造形やシャッターボタン自体のフィーリング、デジカメのタッチパネル液晶としては珍しくストレスなく扱えるタッチ操作など、操作性をしっかり考慮してデザインされていることがうかがえる。

ほかのミラーレス一眼と同様に、レンズを外すとAPS-C型の撮像素子が顔を出す。同じAPS-C型の撮像素子を採用するソニー「α NEX」シリーズと比べ、レンズマウントは中心寄りに設けられているのが保持しやすく好印象だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは3:2比率の3型タッチパネル式で、ドット数は104万ドットと現在もっとも精細なパネルを採用する。EOS Kiss X6iとは異なり可動式ではないが、パネル自体のスペックは同一だ。視野角は十分に広く、ハイアングルやローアングルでも色が反転することなく視認できる。再生画像の拡大縮小は、2本指で画像をつまむピンチ操作で実行できる
[画像のクリックで拡大表示]
上部から見ると、スリムなボディーがよく分かる。マウント部の出っ張りも少ない。ホットシューの形状や接点の数などはEOSシリーズと同じ規格で、クリップオンストロボなどが共通で利用できる。左端はステレオマイクで、内蔵ストロボは搭載しない
[画像のクリックで拡大表示]
底面の大きなカバー内に、メモリーカードスロットとバッテリースロットを用意する。三脚穴はマウントの中心に設けられており、安定して設置できる
[画像のクリックで拡大表示]
シャッターボタン周辺がスプーンですくったように削られ、指が自然にフィットするよう工夫されている。シャッターボタンの周囲にあるのは、撮影モードの切り替えレバーだ。「P/A/S/M」の各モードやシーンモードなどの切り替えは、画面タッチで実行する
[画像のクリックで拡大表示]