キヤノンが満を持して発表したミラーレス一眼「EOS M」。仕様の異なるバリエーションモデルは存在せず、ボディーは1種類のみを用意
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2012年7月23日、同社初のミラーレス一眼「EOS M」を発表した。2012年6月末に発売した最新のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」と同じ撮像素子や高感度撮影機能、高速オートフォーカス機構などを備えつつ、大幅な小型軽量化を図った。別売のマウントアダプターを併用すれば、EOSシリーズ用の豊富なEFレンズが利用できる。最新デジタル一眼レフ並みの撮影性能や拡張性を持たせ、入門者だけでなくEOSシリーズを使っている中上級者の取り込みも図る。発売は2012年9月中旬の予定。

 実勢価格は、ボディー単体モデルが7万円前後、単焦点のパンケーキレンズが付属する「EF-M22 STM レンズキット」が8万円前後、標準ズームレンズが付属する「EF-M18-55 IS STM レンズキット」が8万5000円前後、レンズ2本とマウントアダプター、フラッシュなどが付属する「ダブルレンズキット」が12万円前後の見込み。ボディー単体モデルや標準ズームレンズ付きモデルで比べると、EOS Kiss X6iと比べて2万円ほど安い。

撮像素子や画像処理エンジンなど、主要なパーツはEOS Kiss X6iと同じ

 撮像素子はAPS-C型のCMOSセンサー(有効1800万画素)で、画像処理エンジンは最新のDIGIC 5を採用する。いずれも、EOS Kiss X6iに搭載されているものとまったく同じで、画質やぼけ味の大きさはEOS Kiss X6iと同等だという。ミラーレス一眼としては特に高感度撮影が優れており、感度はEOS Kiss X6iと同じく最高ISO25600まで対応する。連写した4枚の画像を合成することで、手持ちでも夜景をぶれずに撮影できる「手持ち夜景モード」や、高感度撮影時のノイズを軽減する「マルチショットノイズ低減機能」も盛り込んだ。

 EOS Mのレンズマウントは、APS-C型の撮像素子に最適化した新開発のEOS EF-Mマウントを採用する。マウント径は58mmで、35mmフルサイズのセンサーに対応したEOS EFマウント(65mm)と比べてひとまわり小さい。EOS Mのフランジバック(マウント面から撮像素子までの距離)は18mmで、EOSシリーズの44mmと比べると格段に短い。これによりボディーの薄型化が図られたわけだ。

同社のコンパクトデジカメ「PowerShot SX」シリーズに似た、クセのないフラットなデザインが特徴。撮像素子はAPS-C型のCMOSセンサーで、レンズマウントは新開発のキヤノンEF-Mマウントを搭載する。電子接点はEFマウントと互換性があり、別売のマウントアダプターを併用すればEFレンズが利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは3型/104万ドットの高精細タイプで、タッチパネル式となる。タッチパネル液晶の採用で操作ボタンの数を減らし、コンパクトデジカメと似た操作ボタンの配置にした。再生画像の拡大や縮小は、画面を2本指でつまむように操作することで実行する
[画像のクリックで拡大表示]
マウントやグリップの盛り上がりは最小限で、本体はとてもスリムだ。上部にあるホットシューはEOSシリーズと同じ仕様で、クリップオンストロボなどのEOSシリーズ用アクセサリーがそのまま利用できる。シャッターボタンの周囲には、撮影モードの切り替えレバーを配置する
[画像のクリックで拡大表示]
三脚穴は、レンズの光軸と同じレンズマウントの中心に配置する。底面のカバー内に、メモリーカードスロットとバッテリースロットを用意する
[画像のクリックで拡大表示]
撮像素子は、位相差AF用のセンサーを組み込んだ1800万画素のCMOSセンサーで、EOS Kiss X6iと同じ。手ぶれ補正機構はボディー内には搭載せず、補正機構内蔵レンズで対応する
[画像のクリックで拡大表示]