※この記事は日経エンタテインメント!(8月号)の記事を転載したものです。購入はこちら

 無料で通話やメッセージの送受信ができ、スマートフォンユーザーの間で利用が広がるアプリ「LINE」。昨年6月にサービスを開始、1年でユーザー数が国内1800万人、全世界で4000万人を突破する人気となっている。

 5月9日から「友だち」として登録すると、著名人からメッセージが届く「公式アカウント」が始まった。6月20日現在、AAA(トリプルエー)やBENI、倉木麻衣など16組のタレントやアーティストが参加。テキストだけでなく写真や動画も送れるため、GACKTがドラマの撮影現場を写真付きでレポートしたり、K-POPグループのWonder Girlsが新曲のダンス映像を公開したりと、コンテンツが日々発信され続けている。

 6月には、著名人の問いかけに応えてユーザーからも一定期間メッセージが送れる「ON-AIR機能」を追加。中川翔子が台風の日に拾ってきた子猫の名前を募集するなど、ファンとのコミュニケーションを図っている。

 だが、今はブログ、ツイッター、Facebookなど、ネットには多くのコミュニケーションツールがある。あえて、LINEを使うメリットは何だろうか?

 サービスを展開するNHNジャパンの舛田淳執行役員は、「今までのSNSツールはすべて1対n(複数)で使うものだった。しかし、LINEは1対1、あるいは特定のグループなど、内容により相手を選んでコミュニケーションできる。高校時代のグループでの会話は大学の友人は見えないなど、現実世界の人間関係に合わせて“顔”を使い分けられる」と話す。

 その上で、公式アカウントはタレントごとに専用画面を用意。他の人のコメントは一切表示せず、1対1で話しているような近さを演出する。このため、ツイッターのように、ほかのコメントにまぎれてメッセージを読み逃すことがない利点もあるという。

手軽にメッセージや写真を送れるツールとして4000万人以上が利用
NHN Japanの提供するコミュニケーションサービス「LINE」。「友だち」に追加したユーザーとメッセージや写真、音声などを送受信できる。ツイッターのように短いセンテンスのコメントを手早く応酬できる一方で、話している人同士にしかその内容を閲覧することのできない「パーソナルメディア」としての機能を併せ持つ。
6月20日時点で125万人の登録者がいる、ベッキー♪♯公式アカウントの画面。彼女から届いたメッセージや写真を、時系列に表示する
[画像のクリックで拡大表示]
「友だち追加」から「公式アカウント」を選ぶと、参加者の一覧が表示される。6月20日現在、公式アカウントを持つ著名人は16組
[画像のクリックで拡大表示]