東京都千代田区が全国に先だって過料徴収を含む路上喫煙禁止条例を実施して約10年が経つ。実施以来、路上における喫煙者のマナーは、緩やかではあるが改善しているように感じられる。事実、目抜き通りでポイ捨てや歩きタバコをする人はほとんど見かけなくなった。

 そんな喫煙マナー促進のさきがけとなった千代田区に、2012年7月2日、日本初の有料喫煙所が3カ所、同時にオープンした。

喫煙者への締め付けばかりが厳しくなり、受け皿のない現状から生まれた

「ippuku」を発案したゼネラルファンデックス 日根野聰弥氏。自身も愛煙家であり、当事者意識を持ってこの未知とも言える有料分煙事業に取り組んだ

 「ippuku」と名付けられたこの有料喫煙所、1回の使用料は50円だ。これが値段が高いのか安いのかは後述するとして、タバコメーカーなどが展開する無料喫煙所の存在を考えると抵抗感を持つ喫煙者もいるのではないだろうか。

 果たしてビジネスとして有料喫煙所に勝算はあるのか? ippukuを展開するゼネラルファンデックス 企画本部 本部長の日根野聰弥氏に、この事業を始めたきっかけや自慢の設備、今後の展開について聞いてみた。

 「ippukuのアイデアは、いくつかの要因から生まれました。
 まず、街中にある無料の喫煙所の存在。皆さんも見かけると思いますが、現状の無料喫煙所では、喫煙者は敷地をはみ出るようにタバコを吸っているため、まったく分煙になっていませんよね。あれでは喫煙所の近くを歩く人が受動喫煙してしまう。
 また、路地などにある駐車場では、隠れるように喫煙している人を少なからず見かけます。“路上喫煙”ではないけれど、駐車場利用者ではない限り、こうした喫煙者はオーナーからすれば不法侵入者なわけで、迷惑をかけていることになる。
 このような状況から、喫煙禁止の場所が増え、締め付けがきつくなってきているのにもかかわらず、それに対する受け皿が少ないことがわかりますよね。ならばそこに需要があるのではないかと考えたわけです」

 たしかに喫煙者のためのスペースは年々少なくなっているのが現状だ。また喫煙所があったとしても完全に分煙できているとも思えない。問題はそこにある。

 「弊社が不動産事業を営んでいることも、アイデアにつながりました。空いた物件の有効活用という意味でも、やる価値があるのではないかと考えたわけです。

 そして、魅力的で価値ある喫煙所を作ることで、喫煙者と非喫煙者はウィンウィンの関係になれる。ひいては喫煙マナーが守られることでタバコ税の税収の安定、健康被害の改善など、さまざまなメリットが生じるはずです」

シンプルかつメッセージの強い看板。この看板が街のあちこちに掲げられるようになれば、誰に対しても優しく機能的な分煙の環境が成立するかもしれない
[画像のクリックで拡大表示]