子供だけでなく大人もハマる新型図鑑が続々!

 出版不況のなか、図鑑の販売が好調だ。出版科学研究所の調査によると、2011年度の図鑑新刊発行部数は163万部で、何と前年比66%も増加。そして2012年度になってもますます活況を呈している。

 この図鑑ブームを牽引しているのが、子供向けの新型図鑑(メッセージ型図鑑)とよばれるもの。そもそもこのブームのきっかけになったのは、2009年に小学館が発行した「くらべる図鑑」。これが爆発的に売れたことで、図鑑には潜在的に大きなマーケットがあることが判明したのだ。「年間3万部売れればヒット」といわれるこの分野で、くらべる図鑑は発行部数累計73万部を記録。これを受けて図鑑の老舗、学研が新型図鑑分野に参入した。

 さらに2010年に小学館が発行した「せいかつの図鑑」も累計27万5000部とヒットした。この図鑑のヒットで自然科学分野だけでなく、生活全般をテーマにした図鑑も売れることが分かり、主婦と生活社など各社が続々と参入して昨年来の活況を呈しているのだ。

 価格は約2000円~3000円と安くはないが、「面白くて役に立つから決して高くない」とハシゴをするように何種類も買い集める人が増えているという。

現在、図鑑の販売に力を入れているリブロ池袋本店には3カ所もの図鑑コーナーが。常設の児童書・図鑑コーナーに加え、売れ筋コーナーのほか、メイン入口にも図鑑の特設コーナーを設置。6月21日の撮影時には図鑑を開いて読みふける大人の男性客の姿も見られた
[画像のクリックで拡大表示]