オリンパスイメージングの「OLYMPUS OM-D E-M5」。かつてのフィルム一眼レフ「OM」シリーズ似のスタイルだけでなく、撮影性能の高さや画質が評価されている
[画像のクリックで拡大表示]

 オリンパスイメージングのミラーレス一眼「OM-D E-M5」が好調だ。2012年3月末の発売以来、あまりの注文の多さに品薄の状況が2カ月近くも続いたほど。発売と同時に価格が急速に下がり続けるのが最近のデジカメでは一般的だが、OM-D E-M5は人気を受けて価格が高止まりで安定している。

 同社は、ミラーレス一眼の高性能モデル「ペン E-P3」もペンシリーズの最上位モデルとして併売している。OM-D E-M5だけでなくE-P3も自腹で購入して使いこなしている鹿野貴司カメラマンに、OM-D E-M5に惚れ込んだ理由をレビューしてもらった。

オリンパスが持つすべての機能や装備を“全部入り”した、ぜいたくな1台

 OM-D E-M5は、「ペン」シリーズと同じマイクロフォーサーズマウントのレンズを装着するミラーレス一眼だ。筆者は、ペンシリーズの初代モデル「ペン E-P1」を発売当日に購入し、それ以降の歴代ペンシリーズをすべて手にしてきた。2012年春にOM-D E-M5を購入するまで、日々の行動にお供するカメラは、ペンシリーズの最新・最上位モデル「ペン E-P3」だったのだ。

 「ペン E-P3とレンズマウントが同じなら、デザイン以外に何が違うのか?」という質問をよく受ける。違いを簡潔に説明するならば、OM-D E-M5は“全部入り”ということに尽きる。つまり、オリンパスが現在用意できる機能や要素をすべて盛り込んでいるのだ。

 その1つが、さまざまなフィルター効果をかけて撮影できる「アートフィルター」だ。ペンシリーズは、個性的なアートフィルターに魅力を感じて購入する人が多いが、OM-D E-M5には新しい「リーニュクレール」を含め、11種類のフィルターすべてが搭載されている(E-P3は10種類、下位モデル「E-PL3」と「E-PM1」は6種類のみ)。

 背面のモニターは両者とも3型の有機ELで同じだが、表示角度を自由に変えるチルト機構はOM-D E-M5のみの装備で、E-P3にはない。とにかく、OM-D E-M5は徹底して“全部入り”に仕上げているのがよく分かる。ラーメン屋の“全部入り”のように、種類としてはすべて入っているが1つひとつの量が少ない…といった不満がないのも筆者が評価したいポイント。つまり、カメラとしての基本性能や装備がとにかく高いのだ。

OM-D E-M5で新たに加わったアートフィルターが「リーニュクレール」。エッジを際立たせたイラスト調で、どことなく80年代の雑誌の表紙を連想させる(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ使用、ISO400、1/60秒、F3.5)
[画像のクリックで拡大表示]
アートフィルターのサブメニューで人気なのが、フィルムからのプリントのように見える「アートフレーム効果」。これまで組み合わせ不可だった「ジオラマ」にも、OM-D E-M5から適用できるようになった(SIGMA 19mmF2.8 EX DN使用、ISO200、1/320秒、F5.6)
[画像のクリックで拡大表示]