2012年4月14日、サッカー・イタリア代表のピエルマリオ・モロジーニ選手(25)が試合中に倒れ、死亡した事件はサッカーファンに衝撃を与えた。日本でも2011年8月に、元日本代表の松田直樹選手(34)が練習中に突然死した事件は記憶に新しい。一方、2012年3月に試合中に倒れて心停止状態となったイングランド・プレミアリーグ、ボルトンのファブリス・ムアンバ選手(24)は救命処置によって一命をとりとめた。

 こうした事例はサッカー選手のような特殊な職業だけに起こるわけではない。日本だけでも毎年およそ6万人、1日約150人~160人が、突然心臓が止まってしまう「心臓突然死」で亡くなっているという。一方、ムアンバ選手のように、倒れたときにそばにいた人がAED(自動体外式除細動器)などの救命処置を行い、助かるケースもある。

 もし自分が急に具合が悪くなったとき、あるいは目の前で誰かが突然倒れた場合、どうしたらいいのか? そして、何ができるのか?――救急・救命の“新常識”を紹介する。

自分の具合が悪くなったとき、救急車を呼ぶ基準は?

 東京消防庁は2012年4月1日から、インターネットで病気やけがの緊急性を自己診断できるサイト「東京版 救急受診ガイド」をスタートさせた。このサイトは緊急性の高い9症状と、救急相談センターへの相談が多い10症状の計19症状について、画面上に出てくる質問に次々に答えていくだけで「救急車の要請が必要かどうか」などが判断できる仕組みになっている。また救急車の要請が必要ないとわかった場合も自力受診の緊急度と該当する受診科目が表示され、近くの病院も検索できる(東京都内のみ)。

東京消防庁HPより「平成22年中の119番受付件数」
[画像のクリックで拡大表示]

 2010年中に東京消防庁にかかってきた119番の件数は100万件以上。1日に平均すると2759件、約31秒に1件の割合で受け付けていることになる。同庁ではかつて年々増え続ける119番通報に対応するため調査したところ、緊急度の高い通報も健康相談もすべて119番にかかっていることがわかった。さらに、「軽症か重症かの判断がつかなかった」という人が多かったことから、「重篤な症状なのに、その判断がつかず119番通報をするのをためらっている人が多いのでは」と危惧。2007年、救急相談用の24時間ダイヤル「東京消防庁救急相談センター」(通称「#7119」)を開設。それ以来、同センターへの相談件数は増加し続け、2011年には約31万2000件に上った。

 しかし実は着信自体は約48万件あり、約3分の1にあたる16万8000件ほどの電話には出られなかった計算になる。そうした状況を改善するために、2012年4月1日からウェブサイト「東京版 救急受診ガイド」がスタート。「このシステムが広く定着することで、真に必要な人に救急車をいち早く届けることができるようになるのでは」(東京消防庁救急部救急医務課 消防司令補 小林忠氏)。

(1)東京消防庁ホームページのトップページ(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/)から「東京版 救急受診ガイド」に(2)利用規約の内容を確認し、同意した場合、次に進む
[画像のクリックで拡大表示]
(3)4つの症状からあてはまるものを選ぶ。同庁によると、最初に聞かれるこの4つの項目が最も重要。このどれかを選ぶと、次の画面ですぐに「救急車の利用」を勧められたり、次の質問画面に移ったりする
[画像のクリックで拡大表示]
(4)「どれにもあてはまらない」を選ぶと、年齢に応じて「大人」又は「小児」の画面で選択
[画像のクリックで拡大表示]
(5)「大人」を選ぶと16の症状から、「小児」を選ぶと4つの症状からあてはまるものを選ぶ画面になる
[画像のクリックで拡大表示]
(6)症状ごとの質問に1つでも該当した場合にクリックで答えていくと、「救急車の要請を勧める」(赤)以外は自力受診で、「1時間以内の受診を勧める」(橙)、「6時間以内の受診を勧める」(黄)、「24時間以内の受診を勧める」(緑)と、緊急度が4段階の色分けとともに示される。そして、例えば「吐き気・吐いた」をクリックすると次の画面では「吐いたものに血が混じっている」など、救急車の要請が必要な7項目の質問を表示。「どれにもあてはまらない」を選ぶと、「吐き気がだんだん強くなっている」などのより緊急度の低い質問に移っていく
[画像のクリックで拡大表示]
(7)自力受診のアドバイスでは症状に該当する受診科目も表示される。さらに「病院情報サイトヘ」というタブをクリックすると、「東京都医療機関案内サービス」「東京消防庁救急病院案内」にリンクし、都内の病院を検索できる
[画像のクリックで拡大表示]