Beatsブランドのヘッドホンが標準で付属

 HTC Jの本体サイズは、幅66×高さ132×厚さ10mm、重さは142g。CPUは米クアルコム製の「MSM8660A」(1.5GHz、デュアルコア)、画面は4.3型で有機ELを採用する。ラウンドフォルムの本体で持ちやすい。おサイフ機能などに対応しながら薄型なのも特徴だ。

カメラの画面では、静止画のシャッターボタンと動画の撮影ボタンが同時に表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 この機種の最大の売りは、カメラ機能と音楽機能。800万画素のカメラは、スマートフォンとしては非常に明るいF2.0のレンズを採用。静止画は連写が可能で、動画を撮影しながらでも800万画素の静止画が撮影できる。

HTC Jに付属する「Beats by Dr Dre urBeats In-Ear Headphones」。ワンセグのアンテナとしても機能する
[画像のクリックで拡大表示]

 音楽再生では「Beats Audio」機能に対応。ヘッドホンを挿して音楽を再生すると自動的にBeats Audio機能がオンになる(標準設定時)。ヘッドホンも「Beats」ブランドのものが付属する。

背面カバーに各種アンテナを配置して小型化している。バッテリー容量は1810mAhと大きい
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリーは1810mAhと大容量。SIMカードは標準サイズのものを使用する。16GBの内蔵メモリーに加え、HTCの海外向け最新機種では省略されているmicroSDスロットも、この機種には内蔵されている。