オリンパスイメージングが2012年3月下旬に発売する、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M5」。実勢価格は、ボディー単体が10万5000円前後、ズームレンズ付きのレンズキットが13万円前後だ
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年2月上旬に開催されたカメラ機器の展示会「CP+」で注目を集めていた新製品の1つが、オリンパスイメージングが2012年3月下旬に発売するミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M5」(以下、OM-D E-M5)だ。かつてのフィルム一眼レフカメラのようなデザインの小型軽量ボディー、高精細な電子ビューファインダーを標準で搭載した点、ミラーレス一眼では初めて防塵防滴に対応した点など、見どころが多い。開発途中のサンプル機で外観をチェックしつつ、他社のミラーレス一眼にはない特徴的な装備や機能を改めて見ていきたい。

 なお、今回試用したのは開発中の試作機であり、製品版とは外観や操作性などが異なる可能性がある。

本体は小型軽量ながら、付属レンズとともに防塵防滴構造となる

 OM-D E-M5は、液晶ビューファインダーや可動式の背面モニター、防塵防滴構造など、さまざまな機能や装備を詰め込んでいる。にもかかわらず、ボディーはかなりコンパクトかつ軽量に仕上げられている。レンズキットに付属のズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」を装着した状態でも約640gと、日ごろから積極的に持ち歩ける重さに収まっていると感じた。12-50mmのレンズも防塵防滴構造となっており、OM-D E-M5との組み合わせならば雨天でも撮影できる。天候により撮影を断念せずに済むのが、ライバルにはない魅力だ。

 気になったのがボタン類だ。防塵防滴処理が施されているためか、各ボタンのストロークはかなり深めでクリック感に欠け、奥まで力を入れて押し込むようにしないと反応しないものもあった。製品版では改善されることを期待したい。

ペンタ部が大きく出っ張った一眼レフカメラらしいデザインを採用する。グリップの盛り上がりは最小限だが、滑りにくい張り革の効果もあってホールド感は上々だ。内蔵ストロボは搭載しておらず、小型の外部ストロボが付属する
[画像のクリックで拡大表示]
ファインダーは電子ビューファインダーで、144万ドットの液晶パネルにより精細な表示が可能。ファインダーの脇にセンサーが設けられ、目を近づけると表示が背面のモニターから切り替わる。モニターは3型の有機ELで、上下に可動するバリアングル式となる。視野角はほぼ180度に近い
[画像のクリックで拡大表示]
上部には、3種類のダイヤルを備える。いずれも、回した際に確実なクリック感があり、操作の際の感触はよい。ファインダー接眼部の左端には、視度補正用のダイヤルが見える
[画像のクリックで拡大表示]
レンズキットに付属する標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」。OM-D本体と同様の防塵防滴機構を備える。マクロモードに切り替えると43mm(35mm判換算では86mm相当)に固定され、テレマクロ撮影が可能になる
[画像のクリックで拡大表示]