自宅にモノを置くスペースが足りない人のための「トランクルーム」、手軽に仕事の拠点を作れる「レンタルオフィス」、他人と住まいやオフィスを共用する「シェアハウス」「シェアオフィス」など、借りる側のニーズが新しいスタイルを生み出してきた賃貸。そして今、これまでの常識を破る新たな賃貸のトレンドがいくつも生まれている。その背景にはどんなニーズが潜んでいるのか。近ごろ人気を呼んでいる「賃貸スペース」を追った。

ガレージ+フリースペースの「賃貸ホビースペース」

 ガレージにフリースペースをプラスしたユニークな賃貸ホビースペースが今、関西を中心に人気を集めている。開発したのは全国380棟、2万5000室のトランクルームを展開する業界最大手の「ライゼ」。トランクルームの1階部分をシャッターガレージにして車庫や大型倉庫としても賃貸を始めたところ、「シャッターガレージとトランクルームをセットで借りたい」というユーザーが多数いたのがきっかけだった。

 同社では自社ユーザーの声をもとに検討を重ね、2006年にさまざま趣味に対応できる賃貸ホビースペース「ライゼホビー」を発売。現在は関西エリア・関東エリア合わせて30店舗以上、累計200室以上を販売している。2011年12月にオープンした「ライゼホビー・多摩センター店」は、受付初日に半分以上の部屋が埋まったほか、関西でもオープンまでに全室予約済みになった店舗も多い。人気のロフト型やメゾネット型のホビールームは、ほぼ満室の状況だ。

 ユーザーの比率ではやはり男性が多いという。クルマやバイクを入れて整備するといった使い方に限らず、アトリエや工房、アウトドアグッズのセッティングスペース、コレクションのディスプレイルームや書庫・書斎として、さらには隠れ家的な場所を求めて借りる人も多いとのこと。こうしたニーズが増えていることについて同社は、「飲食や洋服などの生活費は抑えても、自分の趣味にはお金をかけるという人が増えているのでは」(「ライゼボックス 東京 営業部 鈴木正倫氏)と見ている。

 地域によって異なるが、「ライゼホビー」賃貸料金の中心価格帯は7~8万円台。都内でワンルームマンションが借りられる額だが、例えば賃貸料8万4000円の「ライゼホビー・多摩センター店」の広さは1階のガレージと2階フリースペース部分の合計で約27.3畳(約41平米)。一般的にガレージだけを借りても3~4万円はするうえ、もともとガレージ付き物件自体が稀少という理由で歓迎されているという。なかには東京に自宅のある人が千葉のガレージ付きホビースペースを借りているケースもあるそうだ。

 トイレや散水栓、エアコンやコンセントもあり、インターネットは無料。電話引き込みもでき、電気代は50kwh/月まで無料。壁面はフリーボードになっていて釘やビスの打ち込みができるので、自由にカスタマイズすることも可能だ。リモコン式自動シャッターも標準装備で、個別セキュリティシステムも完備している。

 また同社では、個人向けホビールーム「ライゼホビーパーソナル」を2012年1月20日に発表。なんと自分で組み立て可能な「ガレージキット」もラインアップに入っている。

「ライゼホビー メゾネットタイプ」。1階(シャッターガレージ)+2階(フリースペース)を個別階段でつないだメゾネットタイプ。2階部分は無垢材フローリングで、くつろぎスペースとしても使える
[画像のクリックで拡大表示]
「ライゼホビー ロフト付きガレージタイプ」。1階(シャッターガレージ)+2階(天然木ロフトスペース)。ロフト部分はメゾネットよりも狭いが、ガレージ部分の天井が高いためワゴンやRV車など車高が高い車も入れられる
[画像のクリックで拡大表示]
「ライゼホビーパーソナル・キットガレージ」は4タイプあり、価格は241.5万円~378万円。写真は3番目の大きさの6×5タイプ(300万円弱/6.37m×5.46m)
[画像のクリックで拡大表示]