AKB48の成功をうけ、“アイドルに会える”スポットが増えている。1月25日には、秋葉原にまた新しいスポットが誕生した。その名は、「Noodle Cafe」(ヌードル・カフェ)。好きなアイドルにカップ麺を作ってもらっている3分間、そのアイドルと1対1で話せるという店だ。

 運営するのは、芸能事務所の「プラチナム・パスポート」。同社には、昨年5月に発売したメジャーデビューシングル「少女飛行」が売り上げランキングの初登場1位を記録したアイドルグループ「ぱすぽ☆」が所属する。店にいるのも同社の新人アイドルたちだ。“新人”といっても、ぱすぽ☆の新メンバー候補生も含まれており、アイドル好きには顔を知られた子も多い。

 店では、まず、店の入り口のチケット販売機で好みのアイドルの券を購入する。その券をもって、アイドルが待つカウンターへ向かい、好きなカップ麺を選び、お湯を注いでもらう。カップ麺ができるまでの3分間は、アイドルと自由に話せる。そして3分経つと、イーティングスペースへ移動するという流れだ。

 カップ麺の料金は1個800円。通常の販売価格が100~150円程度と考えると、「800円は高いのでは?」。そう思っていたが、実際に店の様子を見ると印象は変わった。

この日は、左から藤本結衣、平口みゆき、黒田万結花、長島美月、武田紗季の5名が接客。黒田を除く4名は、ぱすぽ☆の新メンバー候補生
[画像のクリックで拡大表示]
入り口のチケット販売機で好きなアイドルを選択。そのとき空いているアイドルでいいという場合は「おまかせ」。価格が通常より300円安い
[画像のクリックで拡大表示]