富士フイルム初のミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro 1」が登場! 精細感や操作性にこだわった「レンズ交換式プレミアムカメラ」と位置付け、各社のミラーレス一眼との差異化を図る
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは2012年1月26日、独自開発のXマウントとAPS-C型の撮像素子を採用した同社初のミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro 1」を発表した。撮像素子の構造を工夫することで、既存のデジタル一眼と比べて解像感を大幅に高めたのが特徴。カメラ本体も比較的小型軽量に仕上げ、「高画質なカメラは大きく重い」というイメージを払拭した。

 予想実売価格は、FUJIFILM X-Pro 1本体が15万円前後、広角レンズ「XF 18mm F2 R」が5万5000円前後、標準レンズ「XF 35mm F1.4 R」が5万5000円前後、マクロレンズ「XF 60mm F2.4 R Macro」が6万円前後。いずれも、発売は2012年2月18日の予定。レンズが付属するキットモデルは用意されない。

FinePix X100で好評のクラシックテイストなデザインを継承

 富士フイルムはフォーサーズ規格に賛同している企業の1つだが、X-Pro 1はフォーサーズなどの既存の規格ではなく、同社が独自開発した新しい規格を採用している。レンジファインダーカメラ風の外観は、2011年に発売されたレンズ一体型モデル「FinePix X100」や「FUJIFILM X10」に似ているが、撮像素子の設計や操作性などは一新された。

レンジファインダーカメラ風のデザインは、同社が2011年に発売した「FinePix X100」と共通性を感じさせる。グリップ部には特殊なラバー素材が張られ、しっかりグリップできるよう工夫されている
[画像のクリックで拡大表示]
OVFとEVFを切り替えて表示できるハイブリッド式のファインダーを左上に装備。液晶モニターは123万ドットの高精細タイプを採用する
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ側に絞りダイヤルを、シャッターボタンの脇にシャッター速度変更用のダイヤルを備える。双方を「A」のポジションに合わせることで、手軽なオート撮影も楽しめる。右端には、独立した露出補正ダイヤルを装備
[画像のクリックで拡大表示]