【革製品】iPhone 4S用のクロコカバーか、フルオーダーの革バッグか

T.MBH「iPhone 4S用ハードカバー」2万1000円~3万1500円

2011年11月に登場した「iPhone 4S用ハードカバー」のクロコダイル。各3万1500円
[画像のクリックで拡大表示]

 蔵前に工房を構える革職人、岡本拓也氏のブランドが「T・MBH」だ。数年前から万年筆愛好家を中心に、熱心な革製品愛好家たちの厚い支持を得てきた。

 この「iPhone 4S用(iPhone 4兼用)ハードカバー」は、2011年11月に発売されたばかり。薄く丈夫でリーズナブルなリザード(2万1000円)、表面の独特の丸い突起「クィルマーク」が特徴的で使い込むとつやが出る女性に人気のオーストリッチ(ダチョウ革/2万4000円)、独特の皺とビーズの様な表情が美しい象革(2万8000円)、高級で手ざわりの変化も楽しめるクロコダイル(3万1500円)の4種類の革から選ぶことができる。さらにリザードでは8色、オーストリッチは3色、象革は2色、クロコダイルは4色の、カラーバリエーションがある。

 一つひとつ、職人が手で仕上げており、コバ(革の切り口)が、iPhoneの表面からほんの少しだけ低く仕上げてあるので、iPhoneそのものの形状の美しさも失われない。特にクロコダイルの感触は、使用開始当初はしっとりとしており、経年で艶感は出るもののすべることはなくしっかりとホールドできる、独特のもの。多少ぬれた手で触ったところで乾けば変色することもない。もちろん本体もしっかりカバーしてくれる。

 おそらく多くの人が1日の中でもよく手にするiPhone。このカバーなら実用性も高く満足度も高い。

「iPhone 4S用ハードカバー」クロコダイル。左から黒、こげ茶、ワイン、ネイビー。各3万1500円
[画像のクリックで拡大表示]
「iPhone 4S用ハードカバー」。左からリザード・黄緑(2万1000円)、マットリザード・黒(2万1000円)、オーストリッチ・うす茶(2万4000円)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
・新鮮度          ☆☆
・高機能・高性能度   ☆☆☆
・贅沢度          ☆☆
・現実度          ☆☆
・家族説得大変度    ☆

夢のようなフルオーダー「象革とクロコダイルの鞄」

フルオーダーの「象革とクロコダイルの鞄」。参考価格で約120万円
[画像のクリックで拡大表示]

 革職人、岡本拓也氏のブランド「T・MBH」では、フルオーダーを得意とする。ここでは鞄のフルオーダーの一例を紹介する。

 この鞄のオーダーは、2泊程度の出張にも使えるものということで、サイズはハンドルを入れずにH37cm×W45cm×D16cmで、A4の書類もスッポリ入るもの。パーツに使われているシルバー以外は、すべて革でできており、本体部分は象革を使用。象革は質感が独特で、革の表面のツブが、使い込むことで光沢を増していく。また水やこすれにも強い。

 鞄のふた部分および底、ハンドルにはクロコダイルを使用(2頭分だそう)。ハンドルのクロコダイルは尻尾部で、まるで竹のようにも見える。岡本氏によれば「鞄の中で一番手間がかかるのがハンドル(取っ手)」というだけに、非常に丈夫。

 ほかにも磨き、シルバーパーツの作成(これも岡本氏がデザイン)など、語り尽くせないほどの細やかな配慮が随所に見られるが、フルオーダーで約2カ月で納品される。待つ楽しみも、また格別というものだ。

 参考価格で120万円。なお、ここまでではなくとも、ペンケース、名刺入れ、財布、ベルトなど多種多様な革小物のオーダーができる。

ターコイズはオーダー主のリクエストで埋め込んだもの
[画像のクリックで拡大表示]
ハンドルは竹でできているのかと見まごう質感だがクロコダイルでできている
[画像のクリックで拡大表示]
内ポケットももちろん好みでつけられる
[画像のクリックで拡大表示]
フロントの切り返しにも隠しポケットが全面にあるそうだ
[画像のクリックで拡大表示]
・新鮮度          ☆☆☆
・高機能・高性能度   ☆☆☆
・贅沢度          ☆☆☆
・現実度          ☆
・家族説得大変度    ☆☆☆


(文/磯 修、三浦善弘、山田真弓=日経トレンディネット)