[画像のクリックで拡大表示]

 2004年ごろから、IT企業など、インド企業を日本へと誘致する動きが活発になっている。これに伴い脚光を浴びるようになったのが、インドの教育だ。特にインド式数学に関しては、たびたびメディアで取り上げられてきている。今や学生のみならず通信講座に挑戦するビジネスパーソンもいるほどと聞く。

 当然、インド人のためのインターナショナルスクール(インド国際学校)に対する関心は高い。インド人と同じ教育を受ければ、数学が得意になるのではないか。同時に英語も習得できて一石二鳥ではないか。そう考える人が現れても不思議ではない。

 現状はどうなっているのだろうか。

IT企業の誘致のため整備されるインド国際学校

 そもそもインドのIT企業の誘致に関しては、2000年代以降、日本がインドとの関係強化を図ってきた背景がある。

 2カ月ほど前の2011年9月5日~7日、「日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011(IJGPS 2011/鳩山由紀夫氏、安倍晋三氏や、野田佳彦総理大臣も出席)」が東京都内で開催されたが、その目的は、2000年に森元首相とインドのバジパイ元首相との間で締結した「日印グローバル・パートナーシップ」から10年が過ぎ、改めて日印の包括的経済連携協定の締結など、2国間の協力の在り方を一層強固なものに拡大・強化するというもの。

 実際、2010年10月時点で日本からインドへは約725社が進出。在日インド人に関しては1990年には1190人だったが、2010年12月現在で2万2497人と10倍以上に増加している。その要因こそIT企業等の誘致で、神奈川県横浜市や大阪府大阪市など、各地方自治体による誘致プロモーションも活発だ。

 これに伴い急がれたのが、IT技術者の子供たちのための学校作りだ。いくら治安がよく、暮らしやすくても、教育環境が整備されていなければ、家族で来日することは難しい。そこで横浜市では2009年にインド系インターナショナルスクールを開校するとし、「ビジネスだけでなく生活面においても、横浜ならではの魅力ある環境を整備し、インド企業やインド人技術者の集積、交流を促進」していくと発表。このとき開校したのがNPO法人「インディア インターナショナル スクール イン ジャパン 横浜校(IISJ横浜校)」。これは「インディア インターナショナル スクール イン ジャパン(India International School in Japan〈IISJ〉)」としては2校目となるスクールだ。