2011年11月14日発売の「eneloop tones chocolat(エネループ トーンズ ショコラ)」
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 三洋電機は充電式ニッケル水素充電池「eneloop(エネループ)」が、2011年12月にも、累計出荷2億本を達成する見込みであることを発表。これを記念した製品として、ショコラトーン8色入りの限定パッケージ「eneloop tones chocolat(エネループ トーンズ ショコラ)」を発売する。発売日は11月14日で、エネループはこの日、第1号製品の発売から6年を迎える。

 限定パッケージでは、シャンパン、キュラソー、オレンジピール、ショコラ、カフェモカ、カフェオレ、ブラン、グリーンティーの8色を使用。「2011年秋冬のトレンドカラーであるブラウンからショコラをイメージしたもので、色によって好みや気分、充電済みや未充電などといった使い分けが可能になり、楽しさと利便性の両方を提供できる」(三洋電機)としている。

 発売日と同日の11月14日に正式発売する第3世代となる新エネループを採用。繰り返し使用回数を従来の1500回から1800回へと向上するとともに、自然放電抑制性能も上げている。これによりエネルギー残存率は1年後で約90%、3年後で約80%、さらに5年後でも約70%を維持できる。

 パッケージにはショコラをイメージしたブラウン調のデザインを採用。使い勝手がいいスライドカバー開閉式としたことで、そのまま電池保管ケースとしても利用できる。環境にも十分配慮し、再生PETの単一素材を利用している。

 単三形の8本セットのHR-3UTGB-8Cが15万パック限定、単四形の8本セットのHR-4UTGB-8Cが5万パック限定。また、単三形のショコラとシャンパンの2色の電池を2個ずつセットにし、充電器を同梱した充電器セット「BC-KJR01C34」も、2012年1月13日から2万台限定で発売する。

 価格はいずれもオープン。

 なお、10月28日から東京・六本木の東京ミッドタウンで開催されるデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011」において、エネループ トーンズ ショコラが先行展示されることになる。

[画像のクリックで拡大表示]