ニコンのデジタル一眼「Nikon 1」シリーズの発売開始が2011年10月20日に迫った。同社初のミラーレス一眼とあって、描写性能や撮影性能に期待している人は多いだろう。シリーズの上位機種「Nikon 1 V1」と下位機種「Nikon 1 J1」の製品同等モデルを借用できたので、実力を試してみた。

電子ビューファインダーを搭載する上位機種「Nikon 1 V1」。パンケーキレンズ付きモデルの実勢価格は10万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]
シンプルなボディーが特徴の下位機種「Nikon 1 J1」。標準ズームレンズ付きモデルの実勢価格は7万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

オートフォーカスは高速で、薄暗いシーンでも的確に合う

 Nikon 1の発表時、製品写真を見て「何だか安っぽそう」と感じた人もいるだろう。だが、実際にボディーを手にすると金属的な剛性感が手に伝わる。高級感のある塗装の効果もあり、安っぽさは感じさせない。標準ズームレンズを装着した場合、レンズの繰り出しに連動して電源が自動的に入る仕組みなのも気が利いていると感じた。

 撮影は思っていた以上に軽快だった。今回はパンケーキレンズ「1 NIKKOR 10mm f/2.8」と標準ズームレンズ「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」を利用したが、オートフォーカスはミラーレス一眼のなかでもトップクラスの速さだと感じた。薄暗いシーンでも迷いが少なく、的確にピントを合わせてくれる。撮像素子に位相差AFセンサーを組み込んだことによるAFの高速化は、しっかりと体感できた。

Nikon 1 V1の前面。ファインダーの出っ張りが印象的なデザインになっている。塗装はツヤ消しタイプで、滑りにくくしっかりホールドできる。ストラップ取り付け部に三角環が取り付けられているのがニコンのデジタル一眼らしい配慮だ
[画像のクリックで拡大表示]
Nikon 1 V1の背面。液晶は3型/92万ドットの高精細タイプとなる。電子ビューファインダーの脇にはセンサーが用意され、目を近づけると表示が液晶モニターから切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]
Nikon 1 J1の前面。グリップ部の出っ張りもなく、とてもシンプルにまとめられている。Nikon 1 V1と異なり、光沢のある塗装が施される
[画像のクリックで拡大表示]
Nikon 1 J1の背面。ボタンやダイヤルの配置はNikon 1 V1と同じ。液晶モニターはサイズこそ3型で同じだが、ドット数が46万ドットにとどまる
[画像のクリックで拡大表示]
両機種とも、レンズマウントは新規開発したNikon 1マウントを採用。接点の数は12個と多い。奥には1型のCMOSセンサーが見える
[画像のクリックで拡大表示]