新開発のニコン1マウントとCXフォーマットセンサーを採用

 Nikon 1 J1/V1は、新たに開発されたレンズマウント「ニコン1マウント」と、撮像面位相差AFに対応した「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」を搭載する。撮像面位相差AFとは、撮像素子の画素上にAF専用の画素を複数設け、その位相差によりAFを制御する仕組みだ。AFに使用する画素は撮影時には使用できないため、画像を生成するときには周辺画素の情報を基に補完するという。位相差AF用に使用する画素の数は非公開としている。AFポイントは、レンズ交換式デジタルカメラとしては世界最多の73点となる。

 撮像素子は1型(13.2×8.8mm)の1030万画素CMOSセンサーを採用する。各社のミラーレス一眼で採用されているAPS-Cフォーマットやマイクロフォーサーズフォーマットよりもさらに小さい。ニコンは「CXフォーマット」と呼んでいる。このサイズの撮像素子を搭載することで、ボディーだけでなくレンズの小型化も可能にし、EVF(電子ビューファインダー)内蔵のデジタルカメラとしては世界最小・最軽量を実現したという(Nikon 1 V1の場合)。

Nikon 1 J1のニコン1マウントと撮像素子
[画像のクリックで拡大表示]
Nikon 1 V1のマウントと撮像素子。Nikon 1 J1と同じだ
[画像のクリックで拡大表示]
両機種に搭載されている1型のスーパーハイスピードAF CMOSセンサー
[画像のクリックで拡大表示]
CXフォーマットと他フォーマットのサイズ比較
[画像のクリックで拡大表示]