ニコンが発表した同社初のミラーレス一眼「Nikon 1」シリーズ。最後発ならではの実力はどれほどのものだろうか
[画像のクリックで拡大表示]

 ニコンが待望のミラーレスカメラ市場に参入した。「レンズ交換式アドバンストカメラ」と位置づけ、「Nikon 1」というブランドを付けた2機種のカメラを投入。エントリー向けの「Nikon 1 J1」と、電子ビューファインダーを搭載して液晶モニターの画素数を向上した上位機種「Nikon 1 V1」の2機種だ。両機種の実機を基に、気になる完成度をチェックしていきたい。

「Nikon 1 J1」。カラーバリエーションは鮮やかな5色を用意する
[画像のクリックで拡大表示]
「Nikon 1 V1」。カラーバリエーションはホワイトとブラックのみ
[画像のクリックで拡大表示]

「Nikon 1 J1」と「Nikon 1 V1」では付属レンズが異なる

 Nikon 1 J1は、標準ズームレンズ「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」が付属した標準ズームレンズキット(予想実売価格7万円前後)と、望遠ズームレンズ「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」も付属するダブルズームキット(同9万円前後)が用意される。ブラックのみボディー単体モデル(同5万9000円前後)も用意されるが、レンズのラインアップが少ない現状では選ぶ意味は少ない。

Nikon 1 J1の標準ズームレンズキット。レッドなど一部のボディーカラーを除き、レンズキャップもボディー同色となる
[画像のクリックで拡大表示]
Nikon 1 J1のダブルズームキットは、10-30mmと30-110mmの2本のレンズが付属する。ともに沈胴機構を備えており、使っていない時はレンズの全長を短くできる
[画像のクリックで拡大表示]

 Nikon 1 V1は、パンケーキレンズ「1 NIKKOR 10mm f/2.8」が付属した薄型レンズキット(同10万5000円前後)とボディー単体モデルのみが用意される。

 つまり、Nikon 1 J1はパンケーキレンズ付属するモデルが存在せず、逆にNikon 1 V1はズームレンズ付属モデルが存在しない。各レンズは単品でも購入できるとはいえ、付属レンズが自由に選べないのは残念だ。

Nikon 1 V1のレンズキット。付属するのは35mm判換算で27mm相当(開放F値がF2.8)の単焦点レンズ。写真はオプションのGPSを装着している
[画像のクリックで拡大表示]