かねてから開発を表明していたニコンのミラーレス一眼「Nikon 1」シリーズがついに登場!
[画像のクリックで拡大表示]

 ニコンは2011年9月21日、ミラーレスタイプの小型デジタル一眼市場に参入すると発表した。製品は、初心者向きのスタンダードモデル「Nikon 1 J1」(以下、J1)と、EVF(電子ビューファインダー)を備える上位モデル「Nikon 1 V1」(以下、V1)の2機種を投入する。他社のミラーレス一眼と比べて小さな1型の撮像素子を採用することで、ボディーやレンズの小型化を図った。撮像素子内に位相差AFセンサーを搭載することで、高速オートフォーカスも可能にした。

 製品のラインアップや予想実売価格は以下の通り。発売日は2011年10月20日(一部モデルは2012年1月発売予定)。

■「Nikon 1」シリーズのラインアップ
製品名 付属レンズ 予想実売価格
Nikon 1 J1
ボディー
5万9800円
Nikon 1 J1
標準ズームレンズキット
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 6万9800円
Nikon 1 J1
ダブルズームキット
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6、
1 NIKKOR VR 30-110mm f3.8-5.6
8万9800円
Nikon 1 V1
ボディー
8万9800円
Nikon 1 V1
薄型レンズキット
1 NIKKOR 10mm f/2.8 10万4800円

 撮像素子は有効1010万画素の1型(サイズは13.2×8.8mm)CMOSセンサーを搭載する。一般的なミラーレス一眼と比べるとひとまわり小さく、ボディーやレンズが小型化できたという。多くのコンパクトデジカメが採用する1/2.3型よりは大きく、画素数を1010万画素に抑えたことから、画質面でも有利だとしている。ISO感度はISO100~3200で、感度拡張によりISO6400にも対応する。

 ミラーレス一眼の課題とされてきたオートフォーカス性能も改善した。撮像素子の画素内にAFセンサーを内蔵する撮像面位相差AFを採用し、デジタル一眼レフカメラの位相差AFと同等の高速オートフォーカスを可能にした。従来のコントラストAFも利用でき、位相差AFではフォーカスを合わせにくいシーンでも的確にピントが合わせられるようにした。連写は最速60コマ/秒(AF固定時)で、AFを追従させた場合でも10コマ/秒の高速連写ができる。

スタンダードモデル「Nikon 1 J1」。凹凸の少ないフラットなデザインのボディーを採用する。装着しているレンズは、キットモデルに付属する標準ズームレンズだ
[画像のクリックで拡大表示]
操作ボタン類のレイアウトは、コンパクトデジカメに似ている。液晶モニターは3型/46万ドットで、タッチパネル式ではない
[画像のクリックで拡大表示]
レンズマウントは、新開発の「ニコン1マウント」を採用。既存のニコンFマウントよりはひとまわり口径が小さい
[画像のクリックで拡大表示]
レンズマウントの奥には、1型のCMOSセンサーが備わる。一般的なコンパクトデジカメよりは大きいが、マイクロフォーサーズなどと比べるとかなり小さい
[画像のクリックで拡大表示]