今年のゲームショウはGREEをはじめとする、モバイルソーシャルゲーム企業の出展が目立つ。そこで気になるのが、一般公開日に訪れるゲームファンが、これらモバイルソーシャルゲームにどれだけ注目しているかだろう。

 結果から言えば、スマートフォンや携帯電話を片手に持ったソーシャルゲームファンが殺到。多くのブースではゲーム中で利用できるカードを配布しているが、人気タイトルは午前の段階で当日分の配布を終了。出展者も「想像以上の来場者数に驚いている(GREEブース)」状況となった。

GREEブースの展示コーナー。どのタイトルも活況だが、その中でもドラゴンコレクションは長蛇の列を形成していた
[画像のクリックで拡大表示]
行列は巨大なGREEブースの後方を折り返し
[画像のクリックで拡大表示]
とうとうブースの外側へとあふれ出してしまった
[画像のクリックで拡大表示]

 KONAMIがGREEで展開する人気タイトル「ドラゴンコレクション」は、GREEブースとKONAMIブースでスペシャルカードを配布を予定していた。だが、両ブースとも開場早々にスペシャルカードを求めるファンが殺到し、午前中にはカード配布を終了。カードを求めるファンからの問い合わせに対応する姿が見られた。両社とも明日の二日目も同数のカードを配布する予定だが、一日目の状況から今後の対応を協議するとのことだ。

KONAMIブースは一日目午前の早い段階でカード配布を終了。二日目の配布も予定
[画像のクリックで拡大表示]
GREEブースでもドラゴンコレクションのカード配布は12時には終了した。こちらも二日目の配布を予定している
[画像のクリックで拡大表示]

 Mobage向けに多くの人気タイトルを抱えるgloopsブースでは、「大争奪!!レジェンドカード」と「大進撃!!ドラゴン騎士団」の限定カードを配布。こちらも早々にカード配布が終了。二日目のカード配布を予定している。

Mobageで「大争奪!!レジェンドカード」など人気ゲームを展開するgloops。同社初の海外向けタイトル「Legend Cards」の海外向けアピールを兼ねて出展中だ
[画像のクリックで拡大表示]
開場早々に「大進撃!!ドラゴン騎士団」のカード配布を終了。二日目も配布予定
[画像のクリックで拡大表示]
背面のコードが重要なのだが、カード自体もホログラムや箔押し加工された豪華なもの
[画像のクリックで拡大表示]

 これらモバイルソーシャルゲームのブースを回っていると、ビジネスデイと一般公開日ともにすでに稼働中で、なおかつコレクション性の高いゲームに熱心なファンが集まる姿が見られた。二日目もかなりの混雑が予想されるので、ソーシャルゲームをきっかけに初めてゲームショウを訪れる方は対策を練っておくことをオススメする。

(文/島徹)