ヨーグルトを作るブルガリア菌の一種「1073R-1乳酸菌」(以下R-1乳酸菌)を含むヨーグルト飲料の継続摂取で、小中学生のインフルエンザ感染率が大幅に減った――。有田共立病院(佐賀県有田町)の井上文夫病院長が8月9日、都内で開催されたセミナーでこのような結果を発表した。

 この研究は、2010年10月1日から2011年3月18日までの全登校日に、佐賀県有田町の小中学生全員(合計1904人)がR-1乳酸菌入りヨーグルト飲料(112ml)を1日1本飲み続けて、インフルエンザ(A、B、新型)の感染を調べたもの。すると有田町の感染率は小学生で0.64%、中学生で0.31%と、有田町周辺の他地域や有田町を除く佐賀県全体(小学生1.90~10.48%、中学生1.31~7.06%)に比べ、有意に低かった。

有田町の健康増進事業によってまとめられたもの(画像クリックで拡大)

 「顕著な差が出た。R-1乳酸菌入りヨーグルトには、インフルエンザウイルス感染に対する予防効果がある可能性が示唆された」と井上院長。R-1乳酸菌が、免疫に関係するナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を上げてインフルエンザの感染率を下げたと考えている。

 中学生よりも小学生で地域間差が大きく出たことについて井上院長は「年少者の方が免疫機能の発達が遅れているためではないか」と話した。なお今回の調査ではインフルエンザワクチンの接種率は考慮していないが、どの地域でも差異はないと想定している。

 同様の試みは、同じ期間に山形県舟形町でも行われた。山形県では小中学生の休みの原因がインフルエンザによるものかどうかを集計するシステムが整備されていないため、厳密な分析はできなかった。しかし、舟形町の小中学生のインフルエンザ感染率も、周辺市町村に比べて低い傾向は見られたという。

 免疫の基礎研究に詳しい順天堂大学医学部免疫学講座の奥村康特任教授は「感染症について数千人規模で6カ月間にわたる調査は今までにない。今回の調査結果によって、ヒトでのヨーグルト、乳酸菌の摂取とインフルエンザ感染抑制の関係が初めて分かった言える」とコメントした。