東芝は2011年4月20日、グーグルの携帯端末向けOS「Android 3.0」を採用した「REGZA Tablet AT300」と専用メガネなしで3D映像を見られるノートパソコン「dynabook T851/D8CR」を発表した。夏商戦向けに6月から7月にかけて発売する。

 同社は、パソコン事業などを管轄する「デジタルプロダクツ&ネットワーク社」と、液晶テレビなどの映像事業を管轄する「ビジュアルプロダクツ社」を統合して、2011年4月1日付で「デジタルプロダクツ&サービス社」を新設した。商品統括部の下に各国や地域ごとに事業部を設置し、市場の大きな北米、欧州に加え、成長が見込まれる新興国市場での販売力やブランド力を強化するのが狙いだ。部材の調達力を高め、コストを削減して世界市場での価格競争力を上げるのも統合の理由の1つだ。パソコンとテレビを融合した新商品や新サービスの開発にも力を注ぐ。

 今回の商品はその第一弾的な位置付け。REGZA Tablet AT300には、無線のタッチリモコンとして直感的にREGZA を操作できるアプリケーション「レグザAppsコネクト」がインストールしてある。

 各モデルの詳細は以下の通り。

画質と音質で差異化を図った「REGZA Tablet AT300」

(画像クリックで拡大)

 REGZA Tablet AT300は、タブレット端末向けに開発された最新のAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載する。「Androidマーケット」もサポートする予定だ。6月下旬発売予定で価格は6万円前後の見込み。REGZAで培った映像技術を用いて、画質や音質を高めて他社製のAndroidタブレットと差異化している。

 ディスプレイは1280×800ドット表示対応10.1型ワイド。センサーで外光環境を検知して画質を自動調整する「Adaptive Display」を搭載する。バックライトの輝度だけでなく、コントラストなども自動で調整し、太陽光下でも画面を見やすくした。REGZAの高画質化技術をベースに、ソフトウエアで映像の鮮鋭度を高める「レゾリューションプラス」なども盛り込んだ。

 サウンドは、小型スピーカーが苦手な低域と高域を補正し、原音に近い音質を実現する「Audio Enhancer」を搭載。騒音が多い場所でも音声などが聴き取りやすいように自動調整する「Noise Equalizer」、テレビ電話などで音声を明瞭にする「SRS Premium Voice Pro」なども備える。

 プロセッサーは米エヌビディアのTegra 2(1.0GHz)。メモリーは1GB、記憶装置は16GBのフラッシュメモリーだ。前面に200万画素、背面に500万画素のWebカメラを搭載し、テレビ電話などに利用できる。バッテリー持続時間は確定していないが、映像の連続再生で約7時間は持つという。Androidタブレットとしては珍しく、バッテリーの交換が可能だ。通信機能はIEEE802.11b/g/n対応の無線LANとBluetoothを搭載。3G通信機能はない。インターフェースは、SDメモリーカードスロット、USB2.0、USB2.0(Mini-B)、マイク/ヘッドホン出力、HDMI出力を備える。重さ、サイズともにまだ決まっていないが、重さは770g前後になる予定だ。

液晶テレビ「REGZA」で培った映像技術を盛り込んだ「REGZA Tablet AT300」。背面は持ちやすいラバー仕上げ。日本語入力システムは予測変換や手書き文字入力をサポートする「FSKAREN」。マイクロソフトのOfficeと互換性のあるモバイルオフィスアプリ「ThinkFree Mobile Office」、セキュリティアプリ「McAfee WaveSecure for Android Tablet」などを備える(画像クリックで拡大)

バッテリーが交換可能(画像クリックで拡大)

「レグザAppsコネクト」でREGZAの無線リモコンとして利用できる(画像クリックで拡大)